かっこいい大人の趣味を始めたいあなたへ。『アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)』

アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

この夏の予定、決まりましたか??

もし、連休なのに、予定がないなぁ・・・という、あなた!

新たに、カッコイイ大人の趣味=レザークラフトを真剣に始める良い機会かも知れません。

先日発売されたデイトナブロスの別冊『レザークラフトブック』。

私も色々なレザークラフト本を読んできましたけど、

それらと比べても、内容がすごいボリュームになっていますよ

『アメカジ・レザークラフト・マスターブック』(別冊デイトナブロス)

アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)

私もレザークラフトするので、発売前から楽しみにしていたこのムック本。

前半は、主要アメカジ系レザーブランドの職人のこだわりや技術、そのプロダクトを紹介するカタログ的な内容。

これはこれで結構なボリュームなのですけど。。。

読んで驚いたのは、中盤以降

「レザークラフト始める人」に向けての「ハウツー本」になっています。

まず、どんな道具を用意すれば良いか?

どう作ればいいか?

ってところですね。

ここだけ聞くと、ありがち・・・ではありますけど、

まず、この道具の紹介量が多い! ツール好きにはたまらんなぁ。

で、普通この手のクラフトのハウツー本に多いのが、

まずは初級編として名刺ケースのようなシンプルなものを中心に作ろう・・・

っていうのがセオリーなのですが、このムック本は、違う

アメカジ系レザーグッズで有名な「革蛸」が販売しているウォレット「そのもの」をいきなり作ろう、という内容。

え??

アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)

笑えるのが、「これ読んでいる人のほとんどが最後まで作れないだろう」と前置きがあること。

とにかく、内容が上級者向け&ボリュームたっぷり。

難しい、というよりも作業する量がめっちゃ多いウォレットだわ。。。

その作り方が全ての工程において、細かくたっぷり書かれています。

このムック本だけだとやはり厳しいかな?

あと1冊、初級者向けのハウツー本を読めば

根性あれば初心者でも「革蛸のレザーウォレット」出来るとは思います。

これをヒト夏かけて作り上げた際には、きっとレザークラフトのスキルが著しく上昇していることでしょう。

スパルタ教育みたいなもんです。

アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)

この革蛸のウォレットを作るための型紙が包み隠さず入ってます。

そして、その「細かい」作り方も誌面で全て網羅。。。

このムック本と、道具と、革を買えば・・・マジで作れます。

革蛸さん、よくこれ掲載許可されましたね。

これって・・・

極端な話、

ロゴをポチッと型押しすれば、オリジナル商品として販売しちゃっていいレベルでは!?

すごいなぁ。。。

ぜひ、今の内にAmazonで必要な道具を買っておいて、

今年の大人の「夏の自由課題」として、このムック本を手にしてみてはいかがでしょうか。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
アメカジ・レザークラフト・マスターブック (NEKO MOOK)

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。