リーバイス VINTAGE CLOTHING 501® 1976 が12oz →13ozに?(追記情報アリ)

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

リーバイスのLVCラインで現在、新商品の形で予約を受けているリーバイス 501 1976年復刻版の501【1976】

しかしこのLVCの1976年モデルはもともと、2016年にBEAMS創業40周年記念 として復刻。

その後、Levi’sが世界展開しているモデルなのですが、

なぜ、今また新たに「予約」としてるのか?

[LVC] LEVI’S VINTAGE CLOTHING 1976 501(R)

501©  1976年モデルとは?

通称66前期と呼ばれ、それまでのモデルより少し細めのレッグ、浅めの股上のシルエット。

ヴィンテージでは、これまでのモデルよりも若干明るめのインディゴ色、

しっかり縦落ちする生地で、古着市場でも人気のモデルです。

今回のLVCは生地が違うのか?

LEVI'S VINTAGE CLOTHING 501 1976 LEVI'S VINTAGE CLOTHING 501 1976 LEVI'S VINTAGE CLOTHING 501 1976

現在はリーバイスのオフィシャルページ上での写真のみしか判断材料がありませんが、

細かいディテールはこれまでと同じような気がします。

しかし、この商品のサイト上でのデニム生地の表記は13oz。

これまで展開されていたLVC 1976モデルは12ozのコーンデニム

でも・・・品番(26408-0000)は同じ

どういうこと?

今回のオフィシャルの商品説明に生地の色落ちに関する記述があり、

ひょっとすると生地をアップデートさせて再登場させたのかも知れません。

ただ、そうだとして、品番が同じだと消費者も店頭も混乱しませんかね。

 

説明が何もないので、謎だらけの今回のリーバイスによる既存品番の「新たな予約販売」。

事情に詳しい方、詳細求む。

追記

2017年12月15日、この記事を読んだ読者様から貴重なご情報を頂きました!ご本人のご了承を得て、追加情報を以下掲載いたします。

ーーー

・BEAMSでの先行販売からLevi’sでの一般販売に切り替わる過程での生地等の仕様変更は無いとのことです。(Levi’sジャパンの公式回答です)

・また、本商品のフラッシャーに記載されている12ozという表記は未洗いの状態で計測されたオンスで、公式通販サイトに記載されている13ozという表記は洗いをかけた後に計測されたオンスだそうです。(Levi’ sジャパンの公式回答です)

↑↑大変貴重なご情報、誠にありがとうございました!!

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。