リーバイスのS501XX【大戦モデル】のペンキステッチは、当時シルクスクリーンで印刷。

levis-s501xx
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

Levi’sの大戦モデルのディテールで有名なものといえば、「ペンキステッチ」があります。

levis-s501xx

私はそれまで気にした事が無かったのですが、大戦当時、この「ペンキステッチ」はどうやってペイントしていたのか?

そんな疑問点に関して、以前ご紹介した『501XXは誰が作ったのか?』の中で記載されていて、興味深く読ませていただきました。

このペンキステッチ、シルクスクリーンでプリントしていたそうな。

シルクスクリーン印刷の技法とビジネスを学ぶ

いや、冷静に考えれば、あの破線を効率よくポケットにペイントするにはそれしかないだろうなと思うのですが。

エヴィスが「カモメペイント」を筆で手描きしているイメージが強かったので、その情報を見たときはちょっと意外に感じてしまいました。

EVISU カモメペイント

尚、『501XXは誰が作ったのか?』によると大戦当時、そのペンキステッチは「洗えばすぐ取れます」と販売時にLevi’sから説明がされていたそうな。

これも私の持つ勝手なイメージだったのですが、エヴィスや桃太郎ジーンズなどのペイントは、穿き込みまくってだんだん薄れてくるイメージ(=なかなか消えないイメージ)だったので、Levi’sのが直ぐに消えていく前提であった事が、これまた意外に感じてしまった次第です。

いずれにせよ。

大戦という大きな社会背景の中で、禁止されたステッチの代わりに「ステッチっぽくプリントしよう」という発想に至ったブランドのアイデアと経緯に、ロマンを感じずにはいれません。

 

本日の関連記事として、こちらもどうぞ↓

シルクスクリーン印刷の技法とビジネスを学ぶ

シルクスクリーン印刷の技法とビジネスを学ぶ(SILK SCREEN CLOTHING@バンコク)

2018-02-25
エヴィス 2001 No2 戎

エヴィス 2001 No.2 【戎】の色落ち研究

2017-01-09

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
levis-s501xx

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。