これは名著!デニム好きは読んで損は無い。デニムの見方、楽しみ方が大きく広がる『501XXは誰が作ったのか?』

501XXは誰が作ったのか?
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今、デニム界隈で絶賛されている話題の本があります。

関係者の方とお話すると、必ず「読んだ?」っていう会話になる、アレ。

501XXは誰が作ったのか?

その本の名は『501XXは誰が作ったのか?』

青田 充弘 著、リットーミュージックが出版。

おそらく、国内に現存する書籍中で最高のヴィンテージデニムの考察本です。

501XXは誰が作ったのか?

リーバイス、そしてジーンズの誕生から1960年代までの【501】の変遷を、膨大な資料を元にし

特筆すべきは、単なる表面的なジーンズの仕様の変遷だけではなく、その生産の裏側で、

誰に、

どういう事情があって、

どんな環境において、

仕様を変更してきたか(せざるを得なかったか)、

…というところまで、著者が集めた資料と、当時の社会情勢を加味しながら想像も交えて説明がされているのです。

これを読むことで、私たちが知っているヴィンテージの仕様が、点から線になり、一つのストーリーとして繋がってきます。

そう。

これは「501」というジーンズが、生まれて育っていく、壮大な物語。映画になってもおかしく無い内容です。

501XXは誰が作ったのか?

この本は、デニムが好きな人は必見です。これまでの知識がリセットされる感覚になります。

それもそのはず、この本の巻末でも著者が語っているのですが、ヴィンテージのジーンズに関してデータも裏付けも無い情報を、様々な雑誌が当たり前のように掲載してきたことを批判。

そのため、本書には実際に存在する資料を大量に集め、分析を生業とする筆者の研究データを元にした内容に終始一貫しているのですが、それはつまり、これまでの雑誌への強烈なアンチテーゼと言えるでしょう。

501XXは誰が作ったのか?

リーバイスに関しては多くの資料が火災で消失してしまっているため、ヴィンテージリーバイスの研究資料として、この本を超える資料は今後出てこないと思われます。

超えれるとしたら、この本の更新版という形だけでしょう。

それにしても・・・

501XXは誰が作ったのか?

重厚な内容、膨大な資料、的確な考察。それに反して、とっても軽い表紙デザインと装丁。この外観でこの本は相当損してるような…

それはともかく、中身は最高。歴史に残る永久保存版の書籍。

一度読むと、デニムの楽しみ方が何倍にも広がります。デニム好きはマストバイですよ!

501XXは誰が作ったのか?

しかし、出版社の「リットーミュージック」ってどこかで聞いたことあるなぁ、と思って実家の本棚を見渡して見ると・・・

501XXは誰が作ったのか?

あー、バンスコ(バンドスコア)出してる出版社さんだった。

なぜここから出版されたのか、と初めは不思議に思っていましたが、これもファッション雑誌の間違った情報の掲載に対するアンチテーゼなのでしょう、と邪推。

 

 

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
501XXは誰が作ったのか?

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。