W-tapsの傑作MA-1は2008年モデル。気に入りすぎて、私は一生着倒す覚悟。

Wtaps MA-1
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先週から日本に入っています。

ここ1週間の内に蝉の鳴き声が収まり、一方で夜になると草むらから秋虫の鳴き声が聞こえ始めるようになりました。

季節の変わり目ですね。秋冬のアウターの準備、もう始めてますか?

さてこの2018年の秋冬。

世間一般のトレンドでは、今年の冬はバブルの頃のような、ビッグシルエットのコートが席巻しそう。

一方でここ数年、爆発的に流行ったMA-1は、トレンド的にはもう下火。

つまり…

アメカジファンにとって、やっと「トレンドに左右されないアウター=MA-1」を堂々と着れるようになりそうです。

去年とか、「あ、あのおじさん、流行りものを着てるんだ、クス」って思われそうで、MA-1着て街に出るのが逆に嫌だったんで。

ということで本日のトピックスは、私が一番お気に入りの、MA-1のお話。

バズリクソンズでも、マッコイズでもなく、W-tapsの、おそらく2008年の秋冬のモデル。

W-taps MA-1

外観

Wtaps MA-1

もともとミリタリー系アイテムの造詣に深いW-taps。

不定期ですが、クリティカルな傑作をリリースしてきます。特にW-tapsの2008年はかなり当たり年だったと記憶しています。

Wtaps MA-1

若干細身&撫で肩&丈長めに微調整されたシルエットはどんなボトムにも合う万能選手。

そしてこのMA-1は袖部分がクロスボーンの刺繍入りの高密度の生地の切り返しになってるのが特徴。

Wtaps MA-1

左胸のワッペン。ベトナム戦争の参考文献やZIPPOなどで良く見る、スカル+羽のモチーフ。

Wtaps MA-1

そのほかにも、素敵なディテール満載。

Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1 Wtaps MA-1

どこを写真撮っても、「絵になるMA-1」

それはつまり、作品として完成されている証。

この後もW-tapsは何度かMA-1の新作をリリースしましたが、この一着を超えるものはナカナカ出せていないかなぁ、と。私は一生かけて、着倒しますよ!

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Wtaps MA-1

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。