レッドウイング(ヨーロッパ)限定。新しいアッパーレザーの可能性を追求した【クラッシック・モックトゥ・オロハーネス87519】(RED WING)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

レッドウイング(アムステルダム)から先日、魅力的な限定のモックトゥがリリースされました。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/2019/07/18/87519-moc-toe-the-first-upper-tier-release-of-2019/)

本日はその詳細を見ていきましょう。

ヨーロッパ限定【87519】 クラッシックモックトゥ「オロ・ハーネス」

概要

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/product/87519-classic-moc-toe-oro-harness/)

今回リリースされたばかりのヨーロッパ限定がこちら。

品番【87519】。

いわゆる、品番875系統の6インチのクラッシックワークがベースになります。

今作の何がスペシャルかというと、そのアッパーのレザー。

品番875で通常使われている「オロ・レガシー」と、品番8111のアイアンレンジなどで使われている「アンバー・ハーネス」をハイブリッドして生まれた、「オロ・ハーネス」を今回のために作り、採用した一足になっています。

このアッパー、ヴィンテージライクな色味のグラデーションと、革の表情のアジが、実に美しい。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/product/87519-classic-moc-toe-oro-harness/)

このハイブリッド素材の元になる、875で通常使われている「オロ・レガシー」は1950年代のオロラセット・レザーを再現して生まれたもので、革の表面を加工していないため革がもつ傷跡、ムラ、などの表情が豊かな素材。

そして、8111のアイアンレンジで使われる「アンバー・ハーネス」は革に浸透している油分が多く、耐久性や雨や水気に強い素材。

その色や風合いと特徴を兼ね備えたのが、今回の限定版に搭載されているわけです。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/product/87519-classic-moc-toe-oro-harness/)

この革のなめしには非常に力を入れたようで、新品ながら美しく深い色合いを持っています。

スペシャル版ということで、レザーレースが採用されているのも良いですよね。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/product/87519-classic-moc-toe-oro-harness/)

形状はクラッシック・モックトゥ=875ですから、我々アメカジファンに非常に馴染みがあるもの。どんなスタイルにも合わせることができます。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/2019/07/18/87519-moc-toe-the-first-upper-tier-release-of-2019/)

この、明るすぎず、暗すぎない色合い。そして、傷や色むらも含めた風合いの良いレザーの雰囲気。

間違いなく、かっこいい。

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/product/87519-classic-moc-toe-oro-harness/)

この横からのルックスでも、アッパーに油分が浸透しているのが見て取れます。ガンガン履きこむことで、さらに美しい経年変化を見せてくれることでしょう。

販売価格は現地で319.95 ユーロ。今の日本円で約40,000円。

アムステルダムのオフィシャル・オンラインサイトならびに限られた店舗でのみ販売とのことですよ。

【まとめ】日本でもいつか商品化なるか?

出典:RED WING AMSTERDAM(https://www.redwingamsterdam.com/2019/07/18/87519-moc-toe-the-first-upper-tier-release-of-2019/)

今回のヨーロッパの限定は、アッパー素材にフォーカスしたものでした。

限定とするにはかなり地味なバリエーション違いになっているので、レッドウイングとしては、この素材の実験的な意味合いのリリースでもあるのかな?と思ったりします。

人気が出れば、国内版のアイテムに採用されることもあるかもしれません。

今のところ、日本では買えない一足ですが、いつか手にできる日をじっくり待ちたいですね。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。