なんと、全ての表記が日本語化!争奪戦なるか?「Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans」が7月26日リリース。

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今月、7月26日に、リーバイスとしてはアジア最大級の旗艦店「リーバイス® 原宿 フラッグシップストア」がオープンします。

そのオープンに合わせ、同店舗限定のジーンズ「Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans」が「LVC」からリリースされます。

このジーンズが、かなりのオモシロネタ。

なんと、全ての表記が「日本語化」してる!!

本日はその詳細を見ていきましょう。

Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans(リーバイス原宿限定)

概要

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

さて、こちらが今回、原宿の新しい旗艦店のオープンを記念して販売される限定アイテム。

「Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans」です。

遠目からパッと見では、どこが特別なのか、ちょっと分かりにくいですね。

では、詳細を見ていきましょう。

ディテール

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

ベースとなっているのは、LVCの66モデル。ただ、全く同じかというとそうではない様で、今回は通常のLVCの66モデルの様なUSA製ではなく、日本限定モデルということで「日本製」だそうです。

ですので、縫製仕様は若干異なると思われます。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

他に何が違うのか?というと・・・副資材が「かなり違う」。

例えば上の写真のイメージの背景になっているギャランティーチケット…全部日本語。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

そして、ボタンフライが、カタカナ表記!

このために作ったのか、リーバイス!!!

表記は、「リーバイ・ストラウスアンドコ・エス・エフ・カリ」。

最後の「カリ」ってなんやねん! って思ったら、カリフォルニアのことだった。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

そして赤タブ(ピスネーム)もカタカナ表記。新鮮過ぎます。

これ、誰もが脳裏に思い浮かぶと思うのですが…「エヴィスに、寄ってる」。

知らない人が見たら、質の悪い偽物のアイテムの様にも見えたりする・・・ちょっとこれ、普段は穿けないですね、色々な意味で。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

いや、なんだろう。

やっぱり偽物臭がする。

もうちょっと、フォントと配置、なんとかならなかったのか。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

こちらは非常に驚きました。

見難いですが、なんと銅製リベットの刻印まで、カタカナ表記になっています。

リベットって工業製品のため、作ると何万個単位の発注になるのですが、これ、このためだけに作ったのでしょう。すごい意気込み。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

そして、フラッシャーも例に漏れず、日本語表記。

この時点で、このアイテムは着用目的ではなく、コレクション目的となることが確定。

全身日本語のジーンズの仕様と、このフラッシャーがセットになって、初めて意味があるものになる感覚。

これ、買っても、穿けないですね。

尚、価格は6万6,000円(税別)

限定本数は現時点では未定。

正直、めちゃくちゃ高い部類の限定品ですが、紙パッチ、ピスネーム、ボタン、フラッシャーなどがこの生産ロットのためだけの特注ですので、そのあたりの価格が上代に上乗せされているのでしょう。

【まとめ】2度と買えない限定だが、買う価値があるかどうか?

以上、原宿限定『Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans』でした。

このアイテムを見て、思い出すのが、世界限定501本の『ミラージーンズ』

リーバイスの超限定モデル【ミラー・ジーンズ(LVC 1976 501 Mirror Jean)】

2017-03-14

この時、将来のヴィンテージ候補とお伝えしましたが、その希少価値から、あっという間にヴィンテージの価格に並んでしまいました。

では、この今回の限定アイテムはどうか?

これに関しては今のところ、正直わかりません。

何本限定でリリースされるか、その本数も発表されていないですからね。

ミラーの時は501本と宣言されてましたし、コーンミルズの左綾デニムのデッドストックを使っているという、唯一無二のストーリー制があり、金輪際生産できない特別なピースでした。

今作は、価格帯(6万6千円)と、販売が同店舗のみであることを考えると、用意されても200~300本くらいかと予想します。

その希少価値はありますが、ミラージーンズとは違って「リピート生産をしようと思えばいつでもできる」性質の商品仕様であることを考える(生地はどこのものか不明・日本国内縫製)と、ミラーほどの価値の上昇は起こらないでしょう。

とはいえ、外人ウケの良い全ディテール・完全日本語表記。

この金額を出すなら、私はヴィンテージを買いたいと思いますが、原宿界隈に訪れる外国人たち(転売ヤー含む)メインで完売するでしょうね。

皆さんは、どうされますか?

<リーバイス® 原宿 フラッグシップストア>

住所:東京都渋谷区神宮前6-16-12(オープン:2019年7月26日)

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

  • 久々に面白いネタですね。
    僕なら絶対に買わないですね!
    たぶん生地は「カイハラ」で縫製は「海外のトルコ」とかじゃないですか!

    • >アッくまんさん
      コメント、ありがとうございます。
      生地はカイハラ、縫製もカイハラかな、と思ったりしますが、どうでしょうかね。
      それにしても、強気の値段設定ですね。70年代のコーンデニムのデッドストックを使った、とかであればこの値段と釣り合う気がするのですが…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。