5年周期の復刻、今年は過去最高の出来か。争奪戦必死のニューバランス「M1300」完全復刻版

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

Beginの最新、2020年3月号。

Beginでは、この手の「一生モノ」特集ってかなり頻繁にやっている印象がありますが、やっぱり気になるし、見てしまう。

「一生モノ」って、私たちアメカジファンにとっては強烈なパワーワードですよね…

さて、そのBegin誌面で、見逃せない情報がリリースされていました。

それが、ニューバランス「M1300」の完全復刻!!

今年のモデルは絶対に見逃せません。

本日はそのBeginの記事を参考に、簡単に抜粋してお伝えしたいと思います。

ニューバランス「M1300」完全復刻 2020年版

ディテール

日本企画の超限定復刻「M1300」が久しぶりにリリース!

ファンとしては、待ちに待った一足!

1985年に発売の、ニューバランス・M1300の忠実な再現を目指したこの完全復刻シリーズは1995年・2000年・2005年・2010年・2015年と、

どういう訳か5年毎の周期でリリースされており、おそらく2020年もリリース?…とファンの間では噂されていた一足です。

 

毎年復刻を重ねるにあたり、少しずつその再現度やこだわりのポイントが深く、細かくなっていき、ファンを楽しませてくれていましたが…

今作は、過去の数々の復刻の中でも、最上位レベルのクオリティになっています。

詳しくはBeginの記事の中でご確認いただきたいのですが、

細かい縫製などの作り込みはもちろんのこと…

今作のアッパーの皮革が使われているパートの素材は、なんとあの老舗タンナーのホーウィンレザー社が、オリジナルの質感や色味を再現した最高品質のヌバックを提供しているのです。

いやいや…どういうアップデートよ!?

これまで毎年5年ごとに、どこまでオリジナルを忠実に再現できるか?を突き詰めてきたこのニューバランス社自身による完全復刻シリーズですが、

なんと、2020年の完全復刻は、度を越したこだわりのせいで、オリジナルを超えてしまうという大惨事!

大変魅力的な一足になっています。

発売時期と価格

さて、気になる発売日ですが、2020年2月20日とのこと。

価格は3万4千円(+税)。

いやいや、この価格なら、正直かなり安いです。

だって、そもそもオリジナルは39,000円だった訳ですし。

販売場所はおそらく直営店と、セレクトされたディーラーのみになります。

販売店はこちら。

https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-1300jp3-store

ウェブ販売(抽選)詳細はこちら。

https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-m1300jp3

 

あまりレア感を煽るつもりはありませんが、東京オリンピックイヤーに発売の超限定版ということもあり、将来的にヴィンテージとして人気が出るモデルだと思います。

 

毎回この復刻シリーズは即完しますが、今回はいつも以上に瞬殺は確実。

ヤフオクで値段はあっという間に吊り上げられてしまうのでしょうね…

今年はミタスニーカーに並ぼうかなぁ…

並ぶの、嫌いなんだけどなぁ…

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。