レプリカジーンズブームの火付け役となったBOONのムック本(1995年・1996年)

BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

とあるムック本、実家から引っ張り出してきました。

今30代〜40代のアメカジファンなら、読んだことがある方、多いのでは??

BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書

『BOON EXTRA VOL.1 プロトタイプなジーンズ200』(祥伝社・1995年発行)

そして、

『BOON EXTRA VOL.4 DENIM ディテールの書』(祥伝社・1996年発行)

BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書

もう20年も前のムック本

当時、リーバイスのヴィンテージが、その人気に比例して価格が高騰しきっていた時代。

大戦モデルのデッドストックとか、100万円以上だったかな。

当時、爆発的な人気を誇っていた男性ファッション誌の『BOON』は、

どれが超レアだ、珍しいだ、と誌上で煽ってたのですが、

それらの情報を深掘りしてまとめたのがこの2冊のムック本でした。

細かい年代別にマニアックなディテールを写真付きで大量に書籍にまとめられたのが当時は珍しく、

まさに「穴があくほど」読んだ雑誌で、私にとってはバイブル

BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書

フラッシャーやラベル一つでも、細かい情報がたくさん。

一般の方が買えないレベルまで値段が上がったヴィンテージジーンズ市場、

今思えば「値段が高いと貴重で良いもののように思える」っていう踊らされ感も多少あったかなぁ。

その中で新しい勢力が登場し、人気化しました。

それが「日本産のレプリカジーンズ」

要は、「今、市場では100万円以上するデッドストックを、徹底的に模倣して商品化」という競争でした。

ロゴやらブランド名まではパクってませんでしたが、ヴィンテージと同じような色落ちをするジーンズが2万円そこらで買える!

大手ブランドがこれらの「レプリカブランド」に法的に釘をさす前は、

ヴィンテージのディティールにどこまで近づけたか、似せたかを各レプリカブランドが競っていましたし、雑誌でもそれを中心に紹介してました。

今となっては模倣とみなされる「レプリカ」という言葉はあまり使われなくなりましたし、

どこを似せてる、なんている特集も組まれなくなった&消費者も興味なくなった感あり。

しかし、各ブランドの「ヴィンテージ」に近づける日々の研鑽が、今世界で評価を受けるジャパンジーンズになったのは言うまでもありません。

実際に私が初めてレプリカジーンズに興味を持ったのは、この2冊のムック本がきっかけ。

ヴィンテージのディティールをたくさん掲載した後半に、一部レプリカジーンズが出てきた。

当時DENIMEの林さん、EVISUの山根さん、フェローズの志村さんなんかのインタビューがあって、これが面白くって。

特に、DENIME林さんのインタビューは印象的でした。

当時、初めて「ザラザラな生地が良い」なんていう表現を聞きましたから。

BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書

そもそもなんでヴィンテージジーンズが人気になったかというと、渋カジの影響。

90年代、ブーツにヴィンテージジーンズという出で立ちは、多くのメンズの憧れでしたからね。

 

このムック本の広告やモデルは、ロン毛が多い。。。

これも時代ですね。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
BOONムック本 プロトタイプジーンズ ディテールの書

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。