月刊アイイロ 2019年8月号『雨後の薫香に誘われて』

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

梅雨が明け、季節はすっかり夏。

そして、いきなりの「猛暑」

溶けて消えてしまいそうな表情をしている人々を横目に、木々は元気いっぱい。

雨の季節は過ぎ去りましたが、私は、『雨上がり』が大好きです。

草木の香りが満ちて癒される、日中の雨上がり。

夕焼けが水溜りに映り込み、まるで絵画のような、夕暮れ時の雨上がり。

空気が澄みわたり街灯の明かりすら美しく見える、夜の雨上がり。

心洗われる情景、そしてどの雨上がりの情景も、何故か忘れかけていた幼少の頃の記憶を呼び覚まし、ふと、自分が大人であることすら忘れてしまう瞬間すらあります。

ジトジト長い雨は好きではないけれど…、雨上がりの香りに誘われて外を歩けば、仕事のストレスや悩み、混沌としている心がリセットされる感覚。

身近な場所で気軽に体験できる、私の大切な時間です。

皆さんの、「大切にしている時間」は、何ですか?

では、定例の月刊アイイロ2019年8月号、スタートです。

アイイロデニムワークスの1ヶ月

Indy
この1ヶ月間のアイイロデニムワークスの活動を振り返ってみたいと思います。

動画コンテンツを少しずつ。

このブログでは、一切広告記事はやっておらず、自分の価値観の中で「良い」と思ったものを買い、その中から自身を持ってオススメできるものがあれば、力を入れてレビュー記事を、自分の趣味の範囲で書いてます。

そんなレビュー系の記事。

どう書けばそのモノの魅力が、読んでいただいている皆さんに伝わるかな…と、毎回頭を悩ませているのですが、これから余裕がある時に、記事と連動した内容の動画も、一緒に作成していければと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。

↓↓↓

パーソナルなこと

Indy
ここでは、私インディの個人的な雑談を書き連ねます。

鎌倉散策

先日、ラッキージョンに立ち寄るついでに、鎌倉を家族と散策してきました。

今年に日本に帰国してから、このような形で国内の観光地を歩くことが初めてだったので、新鮮でした。

鎌倉の大仏さん、私は小学生の頃、中に入って上まで登った記憶があるのですが、今はもう登れないようになっているそうです。

しかし日本全国、今やどこもそうですが、鎌倉も例に漏れず外国人観光客でごった返し。

ガイドブックを広げてゆっくり散策出来る有名な観光地は、今は少なくなっていることでしょう。

というか、もはやガイドブックを持っている人なんて、ほとんど居ない。

私自身も、家族とスマホ片手に現地を散策。

SNSで人気の場所とかね。

デジタルな情報が充実しているため、検索したらその付近の情報がたくさん出てくる。

行ったことのある人たちの感想・レビューもいっぱい。

その情報を精査して、行きたい場所・やりたいことを決める。

そうすると、たどり着いた場所は、ネットで散々目にした風景が広がる。

ネットで見た評判通りの感想を感じる。

・・・なんか、感動が、少ない。

ネットの便利さと引き換えに、大切なものを失っている。

観光地を巡りつつ、そんなことを想ったりしました。

ひと月の厳選トピック

Indy
先月の記事の中から人気のあった厳選トピックです。

CONNERS SEWING FACTORY(ONE PIECE OF ROCK)のSシリーズ、オーダー終了。そして伝説へ…。

One Piece of Rock (ワンピースオブロック)ー19

【記事→】現在に生み出される究極のジーンズ。【CONNERS SEWING FACTORY】のSシリーズが手に入れられなくなる日。

現在手に入れることができるデニムの最高峰、CONNERS SEWING FACTORYの作り出す【ONE PIECE OF ROCK】のSシリーズ。

そのオーダーの受付が7月31日で終了となりました。

1年以上待ちのバックオーダーを抱える、モンスターモデルとなったSシリーズ。

それを作り出す小中氏は、ニードルワークアーティストという新境地を開拓し、ジーンズ縫製というカテゴリーのトップを独走しつつも、アクセルを緩めず、次に進むための今回の英断。

新ファクトリー構想も進められるようで、Sシリーズがしばらく手に入れられなくなることは残念ですが、それ以上に次の展開が楽しみ。

同じ時代に生き、この伝説の続きを見れることは幸せです。

ますます八日市がジーンズの聖地化していく未来が近づいてきましたね。

全て日本語化したリーバイス501が、原宿旗艦店で限定販売。

出典:Fashionsnap(https://www.fashionsnap.com/article/2019-07-17/levis-501-jeans-japan/)

【記事→】なんと、全ての表記が日本語化!争奪戦なるか?「Leviʼs ® Harajuku Limited Edition 1966 Japan 501® Jeans」が7月26日リリース。

7月26日、リーバイスにとってアジア最大の旗艦店となる原宿店がオープン。

そのオープンを記念して限定リリースされたのは、なんとピスネームからフラッシャー、ボタンなどに至るまで全て「日本語化」された特別な501でした。

リーバイスの歴史上の中でもかなりトリッキーなモデル。

面白いけど、穿くかと聞かれれば「NO」。

冷静に考えてみて、「リーバイス」ってカタカナで入っている赤タブつけてたら、かっこ悪いと思うの。

収集コレクション目的の1着ですね。

レッドウイング2019秋冬の新作で、ラフアウトのロガーが限定復刻

出典:Face to Face

【記事→】レッドウイングの2019年秋冬情報。注目は限定リリースのラフアウトのロガーブーツ『#9211』が復刻 [#9852/#9853](RED WING)

90年代ファッションが再び盛り上がっている中、当時限定リリースされたラフアウト・ロガーがレッドウイング2019年秋冬で復刻リリースされます。

このクソ暑い中なので、9インチのラフアウトのブーツの写真を見るだけで足元がムズムズしてしまいそうですが、当時を知る人からすれば、手に入れたい一足でしょう。

昔と同じように毛足の長いラフアウトを使っているので、見た目の雰囲気も抜群。この秋冬の目玉と言えるでしょう。

次号の予定

年始から始まった家の引っ越し、DIYによる内装作業もようやく落ち着き、撮影機材も揃いつつあるので、今月は動画コンテンツを作ることをいくつかやってみたいな、と思っています。

ちなみに、オリジナル商品の仕込みも継続しているので、この8月に1つお見せできるかな、と。

お楽しみに!

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

このブログの活動サポート・品質向上にご協力頂ける天使のような方は、ぜひこちらの「ほしいものリスト」から寄贈協力いただけますと、とても喜びます(^^)

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。