香港の名店『Take5』とMr. Benny Seki

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

風邪引いて、寝込んでます @常夏のバンコクにて。

今日は海外のアメカジ事情を少々。

日本を超え、アジア地区でメイド・イン・ジャパンジーンズを広めた功労者といえば、この人。

Benny Seki氏。

Benny Seki

香港人。

元々は何かの輸入の商売をしていたが、ある日ジーンズを輸入したことがきっかけで、アメカジにハマり、その後香港にアメカジショップ『Take 5』を立ち上げ、上海、台湾、タイにも店舗を拡大するまでに。

日本の業界内でも知らない人はいない、超有名人です。(どの展示会にも顔を出しているそうです)

10年以上前の話ですが、その香港Take5には私も良く足を運んでいました。

いつ行ってもあまりお客さんがおらず、良く頑張って続けているなぁ、、、と心配してしまうほど。

でも当時も日本のアメカジブランドのツボを押さえた、豪華な品揃えでした。

日本よりも20~30%ほど高い価格だったかな。

メンバー割引とかを使うと、ほぼ日本と同じくらいの価格で買えたけど。

尚、当時の香港で、若者に人気で行列が出来ていたほどの店といえば、BAPE(ベイシング エイプ)。

ネイバーフッドやW-taps、VISVIMなどの裏原系が香港に進出してきたタイミングでして、それはえらい盛り上がりでしたね。

香港若手俳優、エディソン・チャンがプロデュースするCLOTとfragment designのコラボとか、事件レベルの行列でね。

(その後、ぶったまげるスキャンダルで芸能界を去ったエディソン。。。奴こそ、男の中の男。)

そんな市況環境の中で店舗を構えて、

ジーンズの色落ちの魅力とはなんたるか、というのをゼロから教えながら、

アメカジを売り続け、日本のジーンズの良さを正しく広めようとした伝道師が、

Benny Sekiさん。

現在は店舗の拡大はせず、

他のアジア諸国への卸を広めていると、1年くらい前にバンコクのパーティーでお会いした際に話してくれました。

(↑日本語堪能なのです。)

今でこそ、世界で日本のアメカジブランドのものづくりが評価されています。

その結果、日本のブランドも、自ら海外営業を強化している今日この頃。

そうすると、中間の卸とか、今後はちょっと辛くなっていくかな。。。

 

今の海外でのジャパンブランドの人気って、

少なからず、Bennyさんが頑張って作ってきたところもあると思うんです。

海外で、他国の新しい文化を広めるのって本当に大変で、

ジーパンの色落ちなんていう、変態チックな文化なんて、尚更です。

 

先陣切った方へのリスペクトってのを忘れるべからず。

もはや「古き良きアメカジ店」というほどの貫禄があるTAKE5

各ブランドさん、引き続き、ぜひ応援してあげてほしい。

今でこそ、タイではジーパンがバカみたいに売れてるかもしれませんが、

ポテンシャルは香港・台湾の方が絶対に高い。

Bennyさん、頑張れ。

ジャパンブランド、頑張れ。

 

インディでした。

ではまた。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。