これは良品!『ヒノヤ別注 ウエアハウス(WAREHOUSE)1001XX』

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

突如、上野アメカジ名店「HONOYA ヒノヤ」に、ウエアハウスの別注品がリリースされていました。

これがなかなかの良品でして、紹介しないわけにはいきません。

※以下、ヒノヤさんの楽天ショップ(http://item.rakuten.co.jp/hinoya/1001hxx/)から写真を掲載しています。 

ヒノヤ別注 ウエアハウス(WAREHOUSE)1001XX

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

ベースはウエアハウス Lot: 1001SXX

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

全体のシルエット、記事、そしてバックポケットのディティールは、ウエアハウスの『Lot 1001SXX』 に近い(同じ?)仕様を踏襲しています。

なので、色落ちは「保証済み」というわけです。

今は使われていない通称『牛パッチ』

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

古くは、20年前のウエアハウス1001XXで。

最近では「15周年モデル」で搭載された、通称「牛パッチ」が、このヒノヤ別注でまさかの復活

ここで来るか、、、と思わざるを得ません。

15周年モデルを買い逃した方には嬉しい仕様でしょうね。

リベットがHINOYA

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

と言っても、コインポケット部分のリベットのみ、のようです。

間違い探しのようなディティールですな。

ボタンフライがHINOYA

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

こちらも、ボタンフライ(小さいボタン部分)はヒノヤ(HINOYA)のボタンを使っています。

トップのボタンはウエアハウスのまま。

上野らしい「パンダ」の織りネーム

ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

レーヨン製の、この別注のためだけのオリジナルのネーム。

これは可愛い!

ヒノヤさんのある上野のAMEYOKO(アメ横)の文字、ウエアハウスとヒノヤのロゴ、

何よりも、ちょっぴりシュールなパンダ(上野動物園だから)。

このディテールだけでも、物欲が刺激されます!

外から見えない内側(革パッチ裏側)に貼り付けられるというのも、

「自己満足」に徹したこだわりの仕様ですね。

総評

よくあるショップ別注の、「やりすぎ」な仕様ではなく、

ぱっと見はウエアハウスの現行品かと思うほど、さりげない別注ディティールの数々。

つまりは、長く履ける一品であるし、

「俺のはちょっと違う」的な所有満足度も高い、そんな良品の別注だと思いました。

こういうの、ウェルカムですよね!

買えるのは、ヒノヤだけ

 

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ヒノヤ別注 ウエアハウス 1001XX

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。