【おすすめデス】ジーンズの写真を撮る際のコツ

ジーンズの写真を撮る
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

よく、ジーンズの色落ちをネットでアップしている方の写真を見ると、

畳の上やフローリングの床に広げて撮った写真だったり、

タンスを背景にハンガーで吊るした写真だったり。

せっかく美しい色落ちの素晴らしいジーンズなのに、背景でその雰囲気を崩してしまっているのを見かけます。

ジーンズの色落ちの素晴らさを多くの人に広めるのに出来るだけ良い写真を使いたいものですが、多くの方にとって写真を撮る際の背景というのは頭を悩ませることでしょう。

そこで、今日は私のオススメのジーンズ写真の背景をご紹介します。

安い、美しい「壁紙」活用法

そもそも、私がなぜこの方法を考えたか、というと、

私は現在の住まい、そして私の実家、妻の実家、それぞれのアメカジアイテムが散らばっています。

それぞれの場所で写真を撮っていたところ、家によってジーンズを撮る背景がバラバラになってしまい、ブログの統一感のない不恰好な写真になってしまうことが嫌だったんです。

どこでも同じようなテイストで、且つカッコいい写真を撮る方法がないかなー、と考えて、これを選びました。

 

↑私はこの中で、RF-3503という壁紙を選んでいます。

 

木の模様の壁紙です。

この壁紙を切り売りで購入します。 2mで十分です。

私はこの中のRF-3503というのを使っていますが、2mで776円!

現自宅、妻の実家、自分の実家、3箇所に同じものをキープしてますが、それでも合計2500円ほど。

ジーンズの写真を撮る

使い方はこんな感じで、壁紙を床や机に敷いて写真を撮るだけ。

私もこのブログの写真は、皆さんと変わらない生活感のある場所でいつも撮っていたのですよ。

壁紙は普段は丸めておけば、置き場所に困りません。

木のフローリングの床の上で写真を撮るのに近いと思われますが、

自宅のフローリングの場合、光が反射しがちで、室内の明るさによっては綺麗な写真になりませんが、この壁紙はマットな表面なので光の反射がなく、どんな天候や明るさの部屋でも比較的安定した写真になります。

・金額が安い

・保管にかさばらない

・光が反射せず、美しく撮れる。

このメリットのある、写真背景のお話でした。

自分のジーンズの色落ちの記録を撮るのって、楽しいですよね。

ご参考になれば幸いです。

本日もご一読、誠にありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズの写真を撮る

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。