歴史的コラボレーション・ デニムジャケット【ウエアハウス x CSF Made by CSF S406xxx M-47】詳細

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

間も無くリリースされます、後々語り継がれることになる伝説的コラボレーションアイテム。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

語り継がれる伝説を目撃せよ。ジャパンデニム30年の歴史で辿り着いた頂点のジーンズ&ジャケット。【ウエアハウス×CONNERS SEWING FACTORY】

2018-04-20

ウエアハウス× CONNERS SEWING FACTORY。普通じゃない人たちが手を組んだ、普通じゃないアイテム。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

先日のジーンズ『Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47』に引き続き、本日はデニムジャケット『Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47』の詳細を見ていきます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

概要

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47
スペック
デニム:ウエアハウス1001XXデニム(13.5oz 米国3州ブレンド綿・黄色耳)

縫製:CONNERS SEWING FACTORY

Type:1st type デニムジャケット(1946年後期を再現)

販売価格:58,000円(+税)

今回採用されたのは人気の高いファーストモデルで、先日のジーンズと同じ時代背景のもの。基本的なシルエットはCONNERS SEWING FACTORYのS406XXX(M-46)に準じています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

狙い所が1946年のファーストモデルという、世界大戦の終結によって政府の物資統制が解け、リーバイスが徐々に通常の生産体制に戻す過程で生まれるイレギュラーの多い時代のヴィンテージを表現したモデルになります。

ディテール解説

まずはコラボモデルらしい、目立つディテールを見ていきましょう。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

ウエアハウスが提供するディアスキンの革パッチは今回のコラボレーション限定のオリジナルデザイン。パッと見はウエアハウスの革パッチですが、良く見るとONE PIECE OF ROCK(CONNERS SEWING FACTORYのオリジナルブランド名)の文字が見えます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

比較的大きめのポケット。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

比較的、短めのフラップ。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

ウエアハウスの片面タブ。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

フラップ内側は、おそらく10ozの別生地が採用。そしてこの部分の生地は横使いされていますね。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

前および袖口のボタンに関しては、ウエアハウスとCONNERS SEWING FACTORYのものがミックスで採用されています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

1946後期の表現ということで、大戦モデルまでの名残である二本針のシンチバックが採用されています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

ヴィンテージでもこの二本針が採用されたものが確認できるラストモデルが1946年ですね。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

S409XXX同様、全ての縫製において一切アイロンを使っていない「手曲げ縫製」の技術が使われています。

このプリーツ部分が非常にわかりやすい例。アイロンを使っていないので、丸みをおびてふわっと浮いたようなルックスに見えます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

裏から見ても一目瞭然。アイロンで抑えをしないことでヴィンテージの生産当時と同じ背景を作り、徹底的にヴィンテージを表現していくCONNERS SEWING FACTORYの得意とする縫製技術です。

この良さを上手く表現するのが実に難しく、もどかしいのですが、実際にファクトリーに足を運び、これが出来ていく瞬間を目の当たりにすると、感動を覚えます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

よく見ると、本縫い箇所はオレンジとイエローの2色が箇所によって使い分けされていますね。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

ボタン裏は鉄製亜鉛メッキのツープロング。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

銅リベットはウエアハウスとCONNERS SEWING FACTORYのものがミックスで採用されていますが、

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

リベット裏はウエアハウス製のものが採用。

素晴らしい生地、ヴィンテージな縫製

説明不要な写真の数々、ご覧ください。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

フゥ・・・

願いが叶うなら、誰しも同コラボモデルのジーンズとセットアップで揃えたいところでしょう。

【購入方法】Lobal Garage Culture 2018 @滋賀県・八日市での限定

Local Garage Culture 2018
来たる4月30日、滋賀県八日市で開催されるLocal Garage Culture2018の会場にて限定販売されます。

Local Garage Culture 2018

地方発のアメカジイベント。ローカルガレージカルチャー2018(Local Garage Culture) 2018年4月30日@滋賀県

2018-03-06

これら限定モデルを着用したウエアハウスの塩谷社長もブースにて参加されるそうです。

当日は小中氏がライブ縫製をして作られるので、その日の内に手にできるかは不明。予約という形になる可能性もあるとのこと。ただし、限定数のため、会場に足を運んでも購入できるかどうかは不明です。

【まとめ】決戦の日、4月30日

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

先日のジーンズ、S409XXXとこのジャケットS406XXX。

両方とも生産数は20着という「超激レア」モデルではありますが、その中でもやはり人気はジーンズの方に集中するでしょうね。ヒップポケットの飾りステッチのインパクトが、このコラボを分かりやすくしていますから。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

しかし、今日ご紹介のデニムジャケットも魅力的なディテールが満載。

もともとデニムジャケットはジーンズと比べて縫製が大変なのですが、CONNERS SEWING FACTORYの小中氏以外で、扱いの難しいヴィンテージミシンを使いつつ、さらに手曲げ縫製というヴィンテージ縫製の技術を駆使して作られるデニムジャケットなど聞いたことがありません。

後々、ジーンズと同じように高く評価される一品だと思います。

セットアップで揃えたいというファンも多いはずですが、それぞれ限定数20着予定ということで、それを可能にする猛者が現れるでしょうか?

とにかく、デニムファンは少しの可能性を信じ、4月30日は朝からLobal Garage Cultureに足を運ぶのが良さそうです。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。