歴史的コラボレーション・ジーンズ【ウエアハウス x CSF Made by CSF S409xxx M-47】詳細

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

とうとう次週に迫った、イベント限定で販売される伝説のモデルのリリース。

世界中のデニムファンから熱視線が注がれているウエアハウス× CONNERS SEWING FACTORYのコラボレーションです。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

語り継がれる伝説を目撃せよ。ジャパンデニム30年の歴史で辿り着いた頂点のジーンズ&ジャケット。【ウエアハウス×CONNERS SEWING FACTORY】

2018-04-20

その限定アイテムのスペックが明らかになりました。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

今回リリースされる限定アイテムは2種類。

その内、今日は大本命と目されるジーンズ『Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47』のディテールを細かく見てみましょう。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

概要

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

スペック

デニム:ウエアハウス1001XXデニム(13.5oz 米国3州ブレンド綿・黄色耳)

縫製:CONNERS SEWING FACTORY

シルエット:ストレート(1947model)

販売価格:58,000円(+税)

基本的なシルエットはCONNERS SEWING FACTORYのS409XXXに準じています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47
革パッチ:ディアスキン(コラボオリジナルデザイン)

ピスネーム:赤タブ(ウエアハウス)

フロント:ボタンフライ(ウエアハウスとONE PIECE OF ROCKのミックス)

ヒップの飾りステッチ:ウエアハウスアーキュエイト

リーバイスのヴィンテージで最も人気の高い1947モデルがモチーフですが、まだ仕様にばらつきがあり数々のイレギュラーが発見されている1946年後期のヴィンテージに見られる マニアックなディテールを、CONNERS SEWING FACTORYがヴィンテージ縫製によって表現されています。

大戦モデル〜世界大戦終結に伴い米国内の物資統制が解けて、リーバイスが元の生産体制を取り戻し、1947というヴィンテージの完成形に到達するまでに作られたモデルがモチーフです。

ディテール解説

まずはコラボモデルらしい、目立つディテールに関して見て行きましょう。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

今回のコラボモデルで最も目立つのがこのバックスタイル。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ヒップの飾りステッチはウエアハウスLot:1001で見られるアーキュエイトが採用、しかも綿糸2色使いの特別バージョンになっています。CONNERS SEWING FACTORYの小中さんがフリーハンドで縫製するということで、若干の個体差が生まれるのもヴィンテージらしい表現になっています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ピスネームはウエアハウスのレーヨン製片面タブが採用されています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

大変貴重な、ウエアハウス提供、ウエアハウスデザインの革パッチ。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

デザインはウエアハウス現行のものに準じていますが、良く見るとONE PIECE OF ROCK(CONNERS SEWING FACTORYのオリジナルブランド名)の文字。質感も含めて最高。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

今回の大きなポイント、デニム生地はウエアハウス製の1001生地。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ウエアハウスファンには馴染みのある、イエローの耳が特徴です。

さてここからは、マニアックなディテールを見て行きましょう。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ボタンフライを開けると…情報量満載のディテールがそこに。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ボタンはウエアハウスとCONNERS SEWING FACTORYのものがミックスで使われています。

実際のヴィンテージでも1946モデルの中にボタンの統一されてないモデルがいくつも発見されていますから、それをウエアハウスと表現したものでしょう。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

最も重要なポイントがここ。

全ての縫製において一切アイロンを使っていない「手曲げ縫製」の技術が使われています。

一言でアイロンを使わない、と言っても、非常に高度な技術が必要になります。特に、パワーが強く振動で暴れるヴィンテージミシンを使うとなおさら。

このポケットも、普通だとアイロンで折り曲げて形をつけ、そこでミシンを走らせるのですが、CONNERS SEWING FACTORYの小中さんはアイロンを使わずに手で折り曲げて縫製して行きます。

これにより生まれる微妙な膨らみや歪みがヴィンテージと同じアタリを生みます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

そういう縫製技術の視点でこのプロダクトを見ると、全ての箇所が興味深く見えてきます。

外見は真似できても、この縫製の質まで真似できる所は他になく、それ故このコラボレーションには言葉で表せない価値を生んでいます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

こういう部分の表現は、まさにヴィンテージぽいなぁと唸らされます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ベルトループは針幅の細い、大戦モデルのような縫製が表現されています。1947年になると現在のような広幅が採用されます。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

大戦の名残り、ラフに縫製されたVステッチ。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

小股部分は切りっぱなしの巻き縫い仕様。大戦モデルの名残が表現されています。ヴィンテージでも滅多に出てこない仕様です。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ボタン裏は鉄製亜鉛メッキのツープロング。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

銅リベットはウエアハウスとCONNERS SEWING FACTORYのものがミックスで採用されていますが、

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

リベット裏はウエアハウス製のものが採用されています。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

隠しリベットのパーツはウエアハウスとCONNERS SEWING FACTORYのものがミックス。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

サイドシーム裏は片側チェーンが採用。

尚、このスレーキ部分にはナンバリングとCONNERS SEWING FACTORYのサインが入ります。No.000はウエアハウスの塩谷社長が所有されるとのこと。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47 Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

ウエアハウスの生地を使い、全ての箇所に置いて貴重なヴィンテージミシンを使って縫製されている、大変貴重なモデルです。

【購入方法】Lobal Garage Culture 2018 @滋賀県・八日市での限定

Local Garage Culture 2018

4月30日、滋賀県八日市で開催されるLocal Garage Cultureの会場にて販売されます。

Local Garage Culture 2018

地方発のアメカジイベント。ローカルガレージカルチャー2018(Local Garage Culture) 2018年4月30日@滋賀県

2018-03-06

当日、小中氏がライブ縫製をして作られるので、その日の内に手にできるかは不明。予約という形になる可能性もあるとのこと。

現時点では20本。整理券が配布されるとか、されないとか・・・。

【まとめ】これさえあれば、他のレプリカはもういらない。

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

58,000円と決して安くはありませんが、アーティストがイベントの場で目の前で縫製してくれるというだけでもお金以上の価値があると思います。

それでいて、このスペックですから・・・。

突如として現れた、ジャパンデニムの頂点モデル。

限定数が少なすぎるため、買える確証は誰にもありませんが、ぜひイベント会場に足を運んで、この熱をその目で確かめて頂きたいと思います。

もう一つの限定コラボアイテム、デニムジャケットの『Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47』に関しては、こちらの記事をご参照ください。↓↓

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S406xxx M-47

歴史的コラボレーション・ デニムジャケット【ウエアハウス x CSF Made by CSF S406xxx M-47】詳細

2018-04-22

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Warehouse x CSF collaboration Made by CSF S409xxx M-47

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。