【たったの3ステップ】スマホのホーム画面にブログのショートカットのアイコンを作る方法。

スマホの画面にサイトのショートカット
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

日々更新させて頂いている、このアイイロデニムワークスのブログ。

今ではスマートフォンで閲覧して頂いている方も少なくありません。

私もブログのように文字中心の情報を見るのは殆どスマホ経由。

そんな方向けに、このアイイロデニムワークスも含め、

良く見るサイトのショートカットアイコンをスマホのホーム画面に作り、

ワンタップでそのサイトにアクセスする方法を本日はお話しします。

 

【iOS向け】たったの3ステップ。お気に入りサイトをホーム画面にショートカットで追加する方法

<ステップ1>目的のサイトを表示した状態で中央下のボタンをタップ

スマホの画面にサイトのショートカット

 

まず、ホーム画面に追加したいブログ・サイトをiOSで表示します。

このブログであれば

https://www.aiirodenim.com/

コレになります。

そして、その中央下部にある、上に矢印がでたマークのボタンをタップします。

注意
特定の「記事」を閲覧している状態でこの作業をすると、その記事へのショートカットが出来てしまいます。目的のブログやサイトのホーム(トップ)画面を表示した上で登録作業するようにすると良いでしょう。

<ステップ2>「ホーム画面に追加」ボタンをタップ

スマホの画面にサイトのショートカット

そうすると、プラスのマークが目印の「ホーム画面に追加」と言うアイコンが出て来ます。

コレをタップ。

<ステップ3>「追加」する

スマホの画面にサイトのショートカット

右上に見える「追加」をタップする。

たった、コレだけ。

注意
ここで、アイコンに表示する文字を変更できます。例えば、このブログであれば、【AiiRO DENIM】に変更すると分かりやすいでしょう。

ワンタップでいつでも直接サイトに行ける。便利。

スマホの画面にサイトのショートカット

このように、ホーム画面にショートカットボタンが出来ました。

これをタップするだけで、目的のブログやサイトに直接アクセスできます。

便利!

このアイイロデニムワークスのブログの場合、この手続きだけでロゴのアイコンがホームに表示されるようになっています。

アプリのような見た目のアイコンにしてありますから、スマホのホーム画面に置いておいても違和感ないと思います。

 

【Android 端末向け】お気に入りサイトをホーム画面にショートカットで追加する方法

すみません。

私、Androidの端末を持ってないので・・・実践画面をお見せできないのですが、

機種によってその方法は違うようですが、iOSと同じようなプロセスでホーム画面にサイトのショートカットアイコンをおくことが可能です。

方法についてはウェブ検索で機種の名前+【スマホのホームにWebサイトのショートカットを作る】と検索して見てください。

 

まとめ

毎日のように頻繁に見るブログやサイトがあるのであれば、このようにスマホからワンタップでアクセス出来るようにしておくと、手間と時間が大きく削減されますよ。

このテクニックを活用し、お気に入りのサイトのショートカットをスマホのホーム画面に置いてみてはいかがでしょうか。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スマホの画面にサイトのショートカット

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。