ドゥニーム30周年記念プロジェクトと限定ジーンズ【30周年真空パックモデル】が発売決定。(Denime)

DENIME 30th ドゥニーム30周年
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

1988年に創業し、日本に「レプリカジーンズ」を世に広めてブームを起こした功労者の一つである、『Denime(ドゥニーム)』。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

今年2018年は創業30周年の記念年。

そんなDenime(ドゥニーム)の公式HPにて、「Denime Original Line」の企画が掲載されています。

以下、HPからの引用です。

DENIME 30th ドゥニーム30周年

Denime(ドゥニーム)ブランド設立30周年記念!
スペシャルプロジェクトがスタート!

“旧Denime”と呼ばれる時代の生地・パターン・縫製のレシピを踏襲し作り上げた、真の“オリジナルDenime”、「Denime Original Line」が誕生します。

長く“Denime”を愛用いただいてるユーザーの声にお応えする形でスタートしたプロジェクトです。
お披露目は10月の予定。このサイトでは、随時情報を発信します。
ご期待ください!

(※DENIME HPより引用:https://denime30th.com/2018/08/01/news1/)

まだ詳細が語られていないので、続報が気になります。

Denime Original Lineについて

思い返せば、Denime(ドゥニーム)が20周年を迎えた2008年。

リーバイスが各レプリカメーカーを特許侵害で訴え、日本のデニムシーンが大きく変わったタイミング。

時代を作り上げたカリスマ的なデザイナーの林氏がDenime(ドゥニーム)を離脱。運営母体も「WEGO」の傘下になったことはファン全員が衝撃を受けました。

その後、新体制のDenime(ドゥニーム)はデニムの生地や縫製のリニューアルを宣言。

大型の商業施設に店舗を構え、カジュアルな衣料ブランドの展開となり新しいファンも増えましたが、一方で旧ファンも少なからず離れ、今はDenime(ドゥニーム)という名を冠した別のブランドと言っても過言では無いでしょう。

そんな中!

今回の30周年記念プロジェクト「Denime Original Line」のアナウンス。

「“旧Denime”と呼ばれる時代の生地・パターン・縫製のレシピを踏襲」とありますが、一体どのレベルの「踏襲」となるのでしょうか。

DENIME ドゥニーム

Denime(ドゥニーム)の昔からのファンは、今どんなDenime(ドゥニーム)を求めているのかと考えた時…

今や、“旧Denime”と呼ばれる時代のジーンズよりも、生地もパターンも縫製も良いブランドは今や沢山あります。

それは奇しくも、レプリカデニム第一世代の中で、最もコダワリと職人魂を持っていたDenime(ドゥニーム)を見て育った第二世代以降が作り上げた、ジャパンデニムの進化の結果なのです。

つまり、ただ「当時と同じ生地、同じ縫製で作りました」だけでは、魂の無い自社レプリカであり、古くからのファンにとってあまり魅力的なモノにならないかと思います。

「真の“オリジナルDenime”」を語るのであれば、当時のデザイナーの林 芳亨氏(現RESOLUTE)無しでは絶対に語れません

 

そう、ここからは私の希望を書き連ねた「たら・れば」のお話ですが…。

 

もしあの林氏ご本人が今回の30周年記念プロジェクトに絡んだ上で「当時と全く同じものを作りました」となると、話は全く変わって来ます。

世界に評価されるジャパンデニムの礎を築き上げたDenime(ドゥニーム)と林氏。

Denimeを離れて10年の節目。新しいカルチャーを作った若き時代の苦楽を思い返しながら、当時のモノを復活させよう…となると、そこにはDenimeと林氏しか作れない「特別な想い」と「魂のこもったジーンズ」が生まれますから。

業界内外、高い注目度になるでしょうね。

 

…「たら・れば」ですけどね。

この「Denime Original Line」は2018年10月にスタートとのことです。続報に期待しましょう。

30周年記念「真空パックモデル」ジーンズの発売

この30周年記念では特別限定モデルとして、これまで10周年、20周年、25周年の記念イヤーにリリースされていた「真空パックモデル」が発売される模様。

DENIME ドゥニーム 30周年

写真は10周年記念モデルのもの。 出典:DENIME(https://denime30th.com/history/)

普段Denime(ドゥニーム)は買わないけど、この節目の年の真空パックだけは買うという人もいるくらい、人気の限定仕様。

発売日は「Denime Original Line」と同じ2018年10月と同じタイミングとなるかは今のところ不明。

前項の通り、内容次第では「押さえておくべき」一着になることでしょう。

【まとめ】動向に目が離せない

現時点の情報では「Denime Original Line」で作られる商品の詳細、またこれが30周年だけのスポット展開なのか、それとも今後継続してリリースされる新ラインとなるのかは不明。

いずれにしても、ファンの間をザワつかせる展開を見せつつあるので、続報が非常に楽しみです。

今やジャパンデニムファンの間では「過去の存在」となりつつあるDenime(ドゥニーム)。

起死回生の一撃が、この秋に見られるか?

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
DENIME 30th ドゥニーム30周年

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。