レッドウイング[RED WING] lot: 8138(6インチ・モックトゥ)

RED WING 8138 レッドウイング
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私物のRED WING 8138。 モックトゥです。

RED WING 8138 レッドウイング

購入からおよそ10年。まだ、1回も履いてないのです。実家に眠っています。

RED WING 8138 レッドウイング

一回も履かず、さらにはオイルも入れてないので、随分と革が硬くなってしまいました。もともと油分の多い革だったはずですが、手入れをしないと台無しですね。

RED WING 8138 レッドウイング

しかし、10年経っても、オイルアップすればいつでも履ける安心感がレッドウイングにはあります。スニーカーのように加水分解して劣化する訳でも無いし、何よりこの形は、時代をいくつ超えてもカッコいい。

RED WING 8138 レッドウイング

USAメイドを貫くRED WING。WHITE’SやWESCOなど、更に質の高いブランドはいくつもありますが、レッドウイングの魅力はこのクオリティのものを、長い年月、この価格で作り続けていることにある、とどこかで拝読しました。

RED WING 8138 レッドウイング

実際、私もホワイツを持っていますが、着用する頻度はレッドウイングの方が圧倒的に多い…なんででしょう?? 他のブランドに浮気しても、結局ここに戻ってくる。そんな安心感。

RED WING 8138 レッドウイング

このlot: 8138で使われるシボ感のあるダークブラウンのレザー。レッドウイングは自社タンナー(製革業)を保有する数少ないブーツブランドであることは良く知られています。それゆえか、革のクオリティに対するコスパが高いのが嬉しいところ。

RED WING 8138 レッドウイング

保管してるだけなのに、レザーが擦れて下地が出てきてる。これは、この8138の革の染めの特徴です。

RED WING 8138 レッドウイング

トラクションソール、通称クレープソール。なぜだろうか、新品のこのソールが好き。小学校の頃、新しい消しゴムを買った時と同じようなドキドキがあるのです(←どういう表現??)。

RED WING 8138 レッドウイング

本物のワークブーツ由来の質実剛健な品質の中に、飾らない若干のチープ感。履く全ての人の「身の丈」に魔法のようにフィットする、懐の深いブーツを作り続けるレッドウイング。

【まとめ】いつでも帰ってくるよ、レッドウイングに。

ちょっと無粋な言い方ですが、私自身、浮気をしてみて(…他のブーツブランドにです)、改めてレッドウイングの良さを知るきっかけになりました。

靴の機能としての履きやすさもそうですが、価格が比較的安いことによる気軽さ=心の履きやすさっていうのも私にとって大きな魅力。

夫婦関係とは違い、これは不貞行為には当たりませんから(笑)、これからもちょいちょい他のブランドに浮気をしては、君の良いところ、再確認しようかね☆

…そんな言い訳をしながら、浮気をするブーツと、その後いつか履くであろうレッドウイングのコレクションが知らずと増えてしまうのです。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
RED WING 8138 レッドウイング

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。