タイで一部に熱狂的なファンがいるハイストリートブランド『Hold’em Denim(ホールデムデニム)』とは、一体??

hold'em denim
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

最近、バンコクの街を歩いていると、ちょくちょく見かけるブランドの洋服があります。

とってもキャッチーなデザインなので、とても目立つ。

hold'em denim

アディダスと桃太郎ジーンズを足したような??

調べてみると、「Hold’em Denim(ホールデムデニム)」というそうで、一部で熱狂的なファンがいるブランドの模様。

タイでは一昨年まで続いていたヘビー&タイトなジャパンデニムのトレンドは昨年に入りほぼ収束。とはいえ、現在もスリムジーンズのトレンドは継続中で、現在はヌーディージーンズの勢いが凄かったりします。

ヌーディーでは日本円で3万円オーバーの価格のジーンズもあり…タイの物価を考えると「高級品」なのですけど、消費に勢いのある国は違いますね・・・。

と思ってた昨今に、この「Hold’em denim」。デザインだけでなく、その価格もパンチ力があります。

例えば、こちらの加工デニム。

holden denim

出典:Hold’en denim(https://www.holdemdenim888.com/hold-em-blue-washed-royal-flush-2018.html)

ダメージの入り方とか、かっこいいです。かっこいいのですが…お値段は…349USD。38,000円くらい。

タイ人のサラリーマンのマネージャークラスの平均月収が100,000円くらいですから、この商品の価格帯が如何にパンチ力があるか、お分りいただけるかと思います。

holden denim

出典:Hold’em denim(https://www.holdemdenim888.com/white-quilted-leather-patch-destroyed-jeans.html)

似たような加工ですが、こちらのデニムは413USD。45,000円くらいですね。

デニムだけが高いわけではありません。トップスのラインナップもバリエーション豊富ですが、

hold'em denim

出典:Hold’em denim(https://www.holdemdenim888.com/new-arrival/green-track-jacket-2018.html)

こういうシンプルなジャージでも、205USD。22,000円くらいします。

ファッションにお金を使わなくなってしまった日本人からすると、目の飛び出るような価格設定と言えるでしょう。

ま、ジーンズブランドというよりも、デザイナーブランドですね。日本でいうと、ナンバーナインやアンダーカバーのような、そんな感じでしょうか。

キャッチーなデザインと、有名な芸能人やモデルを多数起用したイメージ戦略で、一定の成功を納めているローカルブランドです。

私も仕事柄、いくつかのアジアの国で暮らし、その国々ごとのローカルな人気ブランドを見てきましたが、このHold’em denimはその中でもとりわけ「その国の所得と販売価格の差が大きい」ブランドです。それだけ、付加価値の作り方が上手いということでもあります。

デザイン的にも目立つので、若い人を中心に人気がある理由も分かるが、私には高く感じてしまいます。

で、このブランドのことを調べながら、一つ思うことがありました。

こういうのを、一歩引いた目で見る感覚、っていうのでしょうか。

私はタイの有名なモデルさんも、有名人も知りません。そうすると、彼らの宣伝の力は私には全く訴求されず、目に入ってくるのは「商品そのもの」だけ。

その商品が、良いものか、そうでないか。

商品の質に対して高いものか、安いものか。それだけ。

 

…あ、こういう感覚って、大事だなぁ、と。

 

 

まだ中学・高校生の頃、雑誌や有名人のことを知らない親から「あんた、こんなもんにお金つこーて!」って小言を言われたことも多かったですが、そんな親こそ「一歩引いた目で見る感覚」を持っている、最高のアドバイザーだったのかも知れません。

確かに「こんなもんに!」って言われたものって、数年後には自分にとっても「なんでこんなもんに?」って思うんですよね。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
hold'em denim

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。