ベルトループの中高(中盛り)はどうやって作られているのか?(ヴィンテージジーンズの縫製)

ジーンズのベルトループの中高の縫製
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

いわゆるmade in Japanのレプリカ系ジーンズ(=プレミアムジーンズと呼ばれたりしますが)では色々と『お約束』の仕様、というのがあったりします。

そのうちの一つが、ベルトループ。

ジーンズのベルトループの中高の縫製

真ん中の部分が盛り上がって立体的になっている「中高仕様」と呼ばれる縫製です。

一言で「中高仕様」と言っても、実に多種多様なやり方があります。

皆さんがお持ちのジーンズを何着か見比べて見てください。

厚み、硬さ、見た目、微妙に違いませんか?

理由は、使っているデニム生地の違いもありますが、縫製の仕方の違いによるところが大きいのです。

縫製の仕方と言いますけど・・・そもそも、一体どうやって「真ん中が盛り上がって」いるのかご存知ですか?

そこで今回は、オリジナルジーンズのCherokee(チェロキー)で採用しているベルトループの縫製を例にとってご説明しましょう。

ベルトループの中高仕様の縫製方法

ジーンズのベルトループの中高の縫製

これがそのベルトループ。

イエローの綿糸に挟まれた中央部分が盛り上がり、立体的になっています。

この縫製に使う糸、運針数などはミシン側の調整で可能ですが、

この「ベルトループの幅」と中高の「盛り上がり方」は縫製工場のノウハウやクセ、それに所有している設備(ベルトループを縫う時に使うラッパと呼ばれる、ミシンに取り付ける器具)の種類で、出来る・出来ないというのが多少出てきます。

では、ベルトループの断面を見てみましょう。

チョッキン!

ジーンズのベルトループの中高の縫製

断面はこんな感じ。

これはあくまでCherokee(チェロキー)のものですが、どうでしょう。分かりますか?

ジーンズのベルトループの中高の縫製

分かりやすいように、生地の断面に赤線引いて見ました。

左右の両端部分は生地が2枚重ねですが、、、

真ん中部分は6枚重ねになっているのが、分かりますよね。

この6枚重ねの中心部分が、いわゆる「中高」の部分になるのです。

プレミアムジーンズで数々採用されているベルトループの「中高」仕様ですが、この重ねが4枚のところがあったり、5枚のところがあったり、それぞれ違います。

当然、見栄えや手触り(硬さ)、風合いが変わってきます。

どれがいい、というわけではありません。

企画者側が、どのように意図して作っていくか、というだけで。

低単価なジーンズの場合、ベルトループの厚みがなくペラペラですが、それはただ生地を2枚折にして縫製しているだけだからです。

ジーンズのベルトループの中高の縫製

裏面はこんな感じ。

ベルトループ用の専用ミシンを使うことで、ベルトループの生地の両端をかがり縫いして合わせているんですね。

縫い目のなんと、美しいことでしょうか。

なお、Cherokeeでは上糸、下糸で綿糸の色を変えていて、ご覧の通り上糸はイエロー、下糸はオレンジの綿糸を使っています。

ジーンズのベルトループの中高の縫製

Cherokeeのベルトループの色落ち。表情豊かな雰囲気になっています。

たかがベルトループですが、構造を理解してみると、ジーンズを眺めるのが更に楽しくなると思いますよ。

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのベルトループの中高の縫製

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。