Levi’s “RED TAB” のデニムシャツ(リーバイス)を研究

levis RED denim shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

色々なデニムシャツを集めては細部を見ています。

美しい色落ち・経年変化が楽しめる快適なデニム半袖シャツを作る。

今日はリーバイス・ジャパンが以前展開していた『RED TAB(レッドタブ)』シリーズのシャツに関するお話です。

levis RED denim shirt

コンセプトは「ジーンズの歴史を築き上げてきた名作をラインナップする」というものだったのですが、その内容の良し悪しは別として・・・

よくぞこんなヤヤコシイ名前をつけてくれたものですね、リーバイスさん。

『RED TAB(レッドタブ)』とはご存知の通り、そもそもはリーバイスのパンツやジャケットに付いている「赤タブ」の呼称であって、レッドタブ、RED TABと検索してもその「赤タブ」のことばかり出てくる。

そもそもリーバイスの全ての商品に赤タブはついてるから、全商品が「レッドタブ」とも言えるわけで。

さらに、リーバイス 「レッド」という別のシリーズもあるもんだから尚更混乱。

そんなリーバイスのネーミングセンスに関するお話はさておき。

この『RED TAB』シリーズって、面白い商品がちょこちょこありました。

お手頃な価格ながら、「昔のディテールを追いかけつつも、今時なアレンジを加えてちゃんと作っている」って感じで良作が多かったのです。

このシャツもその一つ。

【Levi’s RED TAB】デニムシャツ・ショートスリーブ

levis RED denim shirt

デニムシャツ(ウエスタンシャツ)のディテールを受け継ぎつつも、着丈が短め(とは言ってもまだ長い方)に、スマートにアレンジされた一着です。

levis RED denim shirt

全体の縫製は、いわゆる量産のヤツなのでアレですが、

見た目のバランスは悪くありません、むしろ良い、美しい。

しかし着てみると若干細身なため、私にはジャストサイズで着ようとすると背中が突っ張る感覚が残ります。

このあたりのストレスを無くそうとすると、1サイズ大きめを選ぶ必要があるのですが、そうすると着丈のバランスが崩れる。

このあたりのサイズ感を微調整しながら、今回企画するデニムシャツのパターンに活かしていきたいところ。

levis RED denim shirt

前身頃のポケットは、いわばシャツの顔。

この縫い代を細く取られたこのポケットの作りは、細かい運針と合わせて上品に見えます。

これは好み。

levis RED denim shirt levis RED denim shirt levis RED denim shirt

私がどうしても好きになれない、このスナップボタン。

多くのデニムシャツを見てきましたが…私はこれをカッコいいとも、着やすいとも思わない。

だから、今回の企画では採用を見送らせて頂きます。

これがないとウエスタンシャツとは呼べないだろうという自覚はあるので、今作っているものを「デニムシャツ」と呼んでいます。

levis RED denim shirt levis RED denim shirt

デニム生地の色味は非常に好みですが、色落ちが期待する商品ではそもそも無いだろうと。(まだそれほど回数多く着用していないので、色が残ったままです)

まとめ

「半袖のデニムシャツ(ウエスタンシャツ)」って、探してみるとあまり多くの例が出てきません。(シャンブレーとかは多いですけど)

その中でリーバイス レッドタブのこの一着は非常に貴重なサンプル。

特に、シルエット(パターン)の研究対象としてサンプル着用を繰り返しています。

これに限らず、今は様々なデニムシャツを着まわし中。

こうやっていろんなシャツの「ここ、いいなー」「これ、いやだなー」「これとこれを組み合わせたらどうかなー」ってアイデアを深掘りしていくのです。

既に「スナップボタンを採用しない」と決めている訳ですから、もう「ウエスタンシャツはこうあるべき」っていう常識を一切意識する必要も無いので。

オリジナルジーンズのプロジェクトに関して、意識していること。

 

今日の一枚

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

No tags for this post.

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
levis RED denim shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。