『クラッチマガジン 2019年2月号(vol.65)』 は「ヴィンテージに囲まれる生活」(CLUTCH Magazine/エイ出版)

clutch magazine vol.64
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

偶数月に発売されるエイ出版のクラッチマガジン(CLUTCH Magazine)。

最新の2019年2月号(Vol.65)が発売中。

今回の特集は、そのままズバリ「ヴィンテージ」。

服だけではなく、身近なアイテムの「ヴィンテージ品」を主に特集しており、新年度&新年号スタートにあたり家・部屋の模様替えを検討している方には参考になる内容かなぁ、と思います。

クラッチマガジン2019年2月号 レビュー

目次

clutch magazine vol.64

今月のCLUTCH MAGAZINEの特集は、「ヴィンテージ」

これは、洋服だけではなく、様々なプロダクトの「ヴィンテージ」にフォーカスをした内容で、各クリエイターのお気に入りのコレクションなどを中心に、誌面が飾られています。

ヴィンテージのもつ良さを再認識

clutch magazine vol.64

今、世界的にヴィンテージプロダクトのムーブメントがきています。

以前のように、例えばイームズなど価値が認めらえているヴィンテージプロダクトだけではなく、今はブランド関わらず、雰囲気のある古いものであれば「価値がつく」という状況。

私も最近、ebayで家具や雑貨などのヴィンテージアイテムを物色する日々が続いてますが、もう何でも値段が高くなってる。

clutch magazine vol.64

誌面ではジーンズやレザージャケットなどのヴィンテージ衣料よりも、もっと生活の中に溶け込む物品のヴィンテージアイテムがたくさん掲載。

ただ古いだけではなく、センスあるセレクトが多く、素敵。こんなアイテムに囲まれる生活に憧れます。

広告的な記事は少なく、ヴィンテージって面白いよなぁって素直に感じられる誌面作りでした。

希望を言えば、もっと海外のクリエイターの方のヴィンテージ・コレクションを見たかったな。

フルカウントのリニューアル版の定番モデルがお披露目

clutch magazine vol.64

今号で、もう一つ興味深く拝読したのが、こちら。

フルカウントがかねてより告知をされていた、定番モデルリニューアルのお話。

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

フルカウント、定番ジーンズから赤タブ&飾りステッチを廃止するようです(FULLCOUNT)

2018-10-15

赤タブ廃止&アーキュエイトステッチ廃止だけでなく、細部に渡ってブラッシュアップを行ない2019年からリリースされる定番の詳細が、2ページですが掲載されています。

実際の写真を見ると…タブなし&ステッチなしの影響か、思いのほか、見た目の変化がすごい。

正直、ここまでとは思いませんでした。

古くからのファンは、なかなか馴染めないところがあるかもしれません。

そういう市場反応もあると想定した上で、見た目ではなく、ジーンズの本質を極めるというフルカウントの大きな決断。

2019年は、フルカウントの大きなターニングポイントになりそうです。

【まとめ】

上記の特集だけでなく、誌面全体にCLUTCHの良さが垣間見える、ボリュームある内容。

誌面全体「かっこいいもの」で埋め尽くされているので、ゆるりと読むだけでも楽しい号になっていますよ。

特にヴィンテージに興味ある方は、ぜひ。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
clutch magazine vol.64

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。