「え?それ売っちゃうの?」閉鎖されるコーンミルズ・ホワイトオーク工場の「シャトル」を販売&即完売!

コーンミルズ・ホワイトオーク工場のシャトル 販売
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

コーンミルズ社のホワイトオーク工場が年内に閉鎖されることについて、先日お伝えしました。

white oak工場閉鎖

コーンミルズ社のホワイトオーク工場 閉鎖について(コーンデニム・WHITE OAK)

2017-10-19

110年のホワイトオーク工場の歴史はリーバイスの歴史であり、つまりジーンズの歴史。

彼らの提供する生地のクオリティの今・昔の比較はさておき、110年間1社で積み上げてきた「歴史」は誰も真似ができないこと。

惜しまれるのは当然・・・

そのホワイトオーク工場が、先日とあるものを販売しました。

それは何か??

・・・実際に工場で使っていた木製シャトルです。

あのセルビッチ付きのデニム生地を織る旧力織機の、アレです。

コーンミルズ・ホワイトオーク工場のシャトル

アメカジが好きな皆さんは、一度は目にしたことがあるかも知れません。主にショップのディスプレイ・飾りやなんかで。

いやいや・・・これ、工場が売る???

いや、デニムファンからすれば、嬉しいことですよ。

ただ、斬新すぎて、びっくり。

世界的にも歴史的にも有名な工場だから成り立つ「サプライズ」。

さすがに110年前のものであるはずはありませんが、あの「ホワイトオーク工場」で現役でデニムを織っていたシャトルです。

世界中のアメカジ店が希少価値のあるディスプレイとして喉から手が出るほど欲しいし、マニアは当然欲しい。(草なぎ剛さんも欲しいだろうなぁ・・・)

THE 501® XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS

『THE 501® XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS』掲載の半分が草なぎ剛氏の私物で驚き。

2017-11-03

マニアでなくても、歴史的な記念品として考えるとファンにとっても価値があるし、欲しいに決まってる。

しかも、売価が1本49ドル

ってか、リーバイスが全量買い取って、世界のリーバイスショップに店内デコレーション用に配ってもよかったと思うんですけどね。

そんなこともあるので、今回はちょっと驚きましたね。

当然、瞬殺でショップからは消えました。(販売数は分かりません)

コーンミルズ・ホワイトオーク工場のシャトル 販売

 

ホワイトオーク工場の閉鎖は年内ですが、今時点ではおそらくほとんどの織機は停止している頃でしょう。

ひょっとしたら再販の可能性もあったりするのかな?

閉鎖後、残された設備や資産とかどうなるんだろう。

すでに商社が何社かザワザワと動いてると思いますが。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
コーンミルズ・ホワイトオーク工場のシャトル 販売

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。