【アイイロデニムワークスを運営してみよう】vol.1『ブログ構築編』

ブログ構築
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

このAiiRO DENIM WORKSのブログを立ち上げて間も無く2年が経とうとしていますが、これを始めようと決意したのは2015年の年末でした。

同じように、読者の皆さんの中にも年末・年始に「新年に向けて何かを新しく初めて見たい!」と意思を固められた方もおられるかも知れません。

ひょっとすると、「私もサードウェーブ・ジーンズを作ってみようかなぁ」と考えられた方もおられるかも知れません。

そこまで行かずとも、自分の得意な分野のブログを初めてみようと決意された方もおられるかも。

そんな「何かを始めたいあなた」のために。

ちょっとでも参考になればと思いまして。

私のこの「アイイロデニムワークス」の運営方法は具体的にどうやっているのか?

費用はどれくらいかかっているのか?

【アイイロデニムワークスを運営してみよう】と題してまるまる記事にしちゃおうと思います。

項目を

・ブログ構築編

・写真機材&現像編

・デザイン制作編

に分けて、記事をアップしていきます。

スペースの都合上、専門的な話などは割愛し、「これをするなら、これが良い」という「結論」メインで話をしていきますが、

不明なところがあればメールや問い合わせフォームから聞いていただいて構いません。

アイイロデニムをブランドだとは思っていませんが、便宜上分かりやすく「ブランドの運営方法」として、以下記載していきます。

本日はVol.1 「ブログ構築編」です。

まさに、年末年始のまとまった時間で取り組むにはうってつけの内容ではないでしょうか。

 

アイイロデニム式 ブランド運営方法(ブログ構築編)

サーバーとドメインの契約

【X server (エックスサーバー)】

このブログは以前はVPSという専用サーバーを契約していた時期がありましたが、今ではレンタルサーバーというものを契約し、その中にブログを構築して運営しています。

日本国内のレンタルサーバーの中でもスピードが早くて有名なのはこのエックスサーバーとさくらインターネットのレンタルサーバーです。

他のサービスも以前契約してましたが、スピードと価格のバランスを追い求めた結果、このエックスサーバーに定着しました。

初期費用は3,000円、年間契約で月額1,000円です。

後ほど記述しますが、エックスサーバーにはWordPress(ワードプレス)を使うことを前提としてカスタマイズされたレンタルサーバーが用意されているので、Wordpressを使ってブログやサイトを運営する方は今はこの一択で間違い無いかと。

↓↓↓

↑↑↑

なお、〜.comとか、〜.co.jpのようなものをドメインと呼び、このブログのアドレス=[aiirodenim.com]のように自分の好きな英数字の並びをつけたものを「独自ドメイン」と呼びます。

これがなければ自分のサイトの運営が出来ないので、初めてブログを作ろうという場合は必ず契約する必要があり、私は年間1,000円くらいでこの【aiirodenim.com】のドメインを使うサービスを利用しています。

この独自ドメインもエックスサーバーで契約できますので、一緒に申し込みしてしまうのが楽です。

通常だったら契約して年間利用料がかかりますが、今エックスサーバーではキャンペーンやってるみたいで、レンタルサーバーの新規申し込みで、ドメインを一つもらえ、更新費もずっと無料らしいです(・・・ちょっと、ずるい!)

ブログを作る無料のソフト「WordPress」

「WordPress(ワードプレス)」とはブログを作成するためのシステムとして無料で公開されているソフトウェアです。

基本、無料で使えます。

まずは上記のレンタルサーバー(Xserver)を契約した後、そのサーバーの中にこのソフトをダウンロードすることで、ネットに接続している環境であればいつでもブログを更新することが出来ます。

WordPress(日本語版)のダウンロードはこちら

WordPressはカスタマイズの幅が広く、また更新や執筆の使い勝手もよく、さらにインターネットからの書いた記事の検索(SEO)に強く、さらに無料であるという、現時点でパーフェクトなサービス。

本気で今からブログを立ち上げようという方は、避けては通れないソフトですが、サーバーを契約していることが前提です。

(番外)なぜアメブロ等の無料ブログを使わないのか?

私はこのAiiRO DENIM WORKSの立ち上げからWordPressを使って来ました。

アメブロやシーサーなどの無料ブログは使っていません。これにはいくつか理由があります。

まず、そのような無料ブログには管理者がコントロール不可能な広告が入ること。

次に、レイアウトが完全に自由には出来ないこと(ブログによって制限が設けられています)。

そして最も大きな理由は検索(SEO)に強いとは言えないこと。

詳しい内容は長くなるので割愛しますが・・・、当然無料ブログはコスト的なメリットは大きいのですが、ゼロからブランディングを構築するベースとしては逆に遠回りになると思います。

どちらかというと既に芸能人やブランドの認知度がある方、また検索を意識しない日記的な内容を掲載する方には向いているとは思います。

WordPressの有料テーマ「STORK」

WordPressはブログを作るソフトであって、そのブログの見た目やレイアウトを変えるには「テーマ」と呼ばれる物を導入します。

以前アイイロデニムワークスではWordPressが用意している無料のテーマを使っていたのですが、どうにもしっくり来たデザインや使い勝手にならず・・・その結果ブログを書くモチベーションも上がらない結果に。

そこで、数多くのテーマを比較検討した結果、有料のWordPress専用テーマ「Stork(ストーク)」を別途購入し、それを日々カスタマイズしながら今のブログを作っています。

この「Stork」の良いところはモバイルでもPC上でも美しいレイアウトになるのが特徴です。

私のこのブログの7割はモバイルから読まれていますので、まさにうってつけ。

これを導入して以降、ブログデザインに気を使う必要がなくなったため、執筆に集中できるようになりました。

↓↓↓


販売価格 ¥10,800(税込)ですが、これを導入後、400日連続ブログ更新を実現し、結果広告収入だけでも余裕でペイできた次第。

これがなければ、ここまで続かなかったと思います。

何事も、「良い道具」って重要なのですね。

合計いくらかかってる?

という訳で、【初期費用】はサーバーの初期費用3,000円、Storkのテーマ購入費用10,000円で合計13,000円

【毎月の維持費】(サーバーの契約代+ドメイン契約代)が約1,100円

これが、アイイロデニムワークスのブログの運営にかかっているコストの全てです。

もう一つ言えば、

アイイロデニムワークスはオンラインショップも同時に運営していますが、

これも同じく無料のWordPressを使い、また上記で契約したサーバーとドメインの一部を使って運営していますので、維持費はゼロ円。

サイトのカスタムや、必要に応じてデザインなんかも自分で行なっているので、実質ゼロ円(趣味でやってるものですから)。

つまり、ブログとオンラインショップの両方合わせて、毎月1,100円でサイトを運営しています。

おそらく、ブランドのサイトの運営としてはかなり安いのではなかろうか、と。

浮いたコストは全て商品に還元出来るのが、何よりのメリットなんですよ。

これが個人が行うサードウェーブの魅力だと思っています。

 

次回のVol.2では、「写真・カメラ」をテーマに、アイイロデニムワークスで使っている機材に関してお話ししようと思います。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ブログ構築

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。