茶芯ベルトのエイジング:経年変化レポート(6ヶ月目)

茶芯 レザーベルト オーダーメイド
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

以前、オーダーメイドで仕立てた「茶芯のサドルレザーのベルト」。

「理想のレザーベルト探しの旅」オーダーメイドの茶芯ベルト、レビュー。

使用から約6ヶ月が経過したので、

本日はそちらの経年変化の様子をお伝えします。

茶芯染めのレザーベルトの経年変化

茶芯 レザーベルト オーダーメイド

ボディ部分がこんな感じ。

ナチュラルタンのサドルレザーを、まずは日光で日焼けさせタンカラーにし、

その後、薄茶色の染料で染め、

その上から黒いラッカー系塗料でフィニッシュ、という三工程を経て作られたもの。

染料ではなくラッカー系塗料を使うことで、ご覧のように「ヒビ割れ」のエイジングと下地のコントラストを楽しもうっていう想定。

茶芯 レザーベルト オーダーメイド

とはいえ、現段階では、頭で想像していた深みのあるエイジングになっているか、というとそうでもない。

茶芯 レザーベルト オーダーメイド

半年間、ほぼ毎日着けているとはいえ、まだまだ綺麗なもの。

尚、この真鍮のバックル+ブラックカラー+ジーンズって、すごくマッチしますよ。

茶芯 レザーベルト オーダーメイド

ざっとこんな感じです。

あと1年くらい経てば、いい雰囲気になる気配は感じる、今日この頃。

今となっては、もう少し硬めのレザーを使えばよかったと、若干反省。

引き続き、レポートして行きますので。

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
茶芯 レザーベルト オーダーメイド

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。