ナイジェル・ケーボンのVIBERG別注ブーツ『VIBERG Chukka Boot Aged Bark』(Nigel Cabourn)

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

この秋冬にリリースされたレッドウイングとのダブルネームで今再びアメカジ界隈を賑わかせている、ナイジェル・ケーボン。

ナイジェル・ケーボン×レッドウイング が来た!しかも茶芯(クローンダイク)!

そのナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn)には2つのラインがあって、

その一つが日本を中心に生産&販売される「メイン・ライン」、そしてもう一つは英国を中心に生産される「オーセンティック・ライン」・・・と、アイテムの特性によって分かれています。

この「オーセンティック・ライン」のアイテムは基本、日本の直営店では買えないと思います。並行輸入で売っているところはあるでしょうけど。

で、そのナイジェル・ケーボンの「オーセンティック・ライン」が、ここ数年でがっちりファッショニスタの市民権を獲得したカナダのブーツブランド『VIBERG(ヴァイバー)』への別注モデルを発表

それがVIBERG Chukka Boot Aged Bark

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

メイン・ラインではレッドウイングとコラボしてるのに、なぜVIBERGで別注?・・・という疑問が真っ先に湧きますけど、メインとオーセンティックでは運営が別なんでしょう。

VIBERGは私も愛用しているブーツの一つでして、北米のワークブーツメーカーらしい質実剛健さを持ちつつどこか上品さを醸し出すルックスが魅力。

VIBERGのブーツのお手入れ。オススメのメンテナンスグッズは?

では、ディテールを見てみましょう。

VIBERG Chukka Boot Aged Bark

概要

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

ベースはVIBERGのChukka boots。VIBERGのオフィシャルHPには掲載されてませんが、既存のモデルになります。ぽってりしたルックスが可愛くも見えたり、無骨にも見えたり。

この別注では「Aged Bark」という名のカウハイドのラフアウトを使用。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

VIBERGのブーツは全てカナダの工場でハンドメイドされています。

こちらはレザーのレースを使用。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

このハイトはどんなアメカジスタイルにも使いやすいですよね。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

写真では見にくいですけど、甲の部分に「矢印」のステッチが入ってますね。さりげない別注仕様。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

コバはステッチダウン製法によるダブルステッチ。これがVIBERGの特徴。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

ソールはクッション性が高く、街履きにベストなVibram #2060。

ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

出典:nigel cabourn (http://www.cabourn.com/us/men/new-arrivals/viberg-chukka-boot-aged-bark)

インソールにはVIBERGとナイジェルのダブルネームの証の刻印。

価格&買える場所

Nigel Cabourn のHPで見ると、現地の販売価格は$487.50。

日本円で5万5千円くらいですが、日本で買える場所がどこかは未確認。

並行輸入されると8万円くらいになっちゃうかもね。

総評

カラー・素材以外は別注というほど、珍しい仕様が盛り込まれているわけでは無いモデル。

先日のレッドウイングのダブルネームと比べて、価格的なバリュー感はあると感じますが、ベースモデルのちょっとした色変えレベルの変更に留まっているため、限られた予算で「今」買うべきは、レッドウイングのダブルネームの方をお勧めしたいですね。

しかし、ナイジェル・ケーボンはどんなアイテムでもかっこいいです。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ナイジェルケーボン Viberg Chukka Boot

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。