VIBERGのブーツのお手入れ。オススメのメンテナンスグッズは?

Vibergのお手入れ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

「VIBERG」と書いて、未だに何と読むのか私が理解していない、カナダのブーツブランド。

viberg

とりあえず「ヴァイバー」と記述しておきましょう。

ここ数年、日本でもメジャーになりました。

質実剛健な作り、且つアメリカブランドよりも少しドレッシーな佇まいのブーツを作るブランドです。

10年ほど前に香港でオーダーメイドする機会があり、今でもとても気に入ってます。

今日はこのお気に入りVIBERGのお手入れをしていきます。

カナダのブーツブランド「VIBERG BOOT」

その当時、細かい箇所までオーダー指定が出来ました。

今となっては、私自身どこをカスタムしてオーダーしたのか、さっぱり覚えてません。

その結果、元ネタから見た目が変わり、このモデル名を調べてもよく分かりません。

おそらく「BOBCAT」というモデルだった?

Vibergのお手入れ

つま先付近に汚れと傷が目立ってきました。

それも含めてケアしていきます。

全体の汚れを丁寧に落とす。

ブラッシングと乾拭きで埃落とし

まず、レースを外し、馬毛ブラシで埃を落としていきます。

特にコバやタンの部分は埃がたまりやすいですね。

古い歯ブラシを使っても良いと思いますよ。

この後、軽く布でカラぶきしましょう。

『LEXOL』レザークリーナーで、付着した汚れ落とし

次に、レザークリーナーで汚れを落としていきます。

ここではLEXOLのレザークリーナーを使用しています。

水を染み込ませた綺麗なタオルに、LEXOLレザークリーナーを染み込ませ、汚れている部分を重点的に、円を描くようにワシャワシャと優しく撫でていきます。

そう、毎朝の洗顔と同じ手つきで。。。

このように、(傷は別として)汚れは綺麗に落ちました。

汚れ落としの万能戦士、LEXOLのレザークリーナー。

揮発性のあるクリーナーなので、後で水拭きが不要で使い勝手もよい。

この時に、コバの汚れも取ってあげると良いでしょう。

皮革に栄養を与えるクリーム塗布

LEXOLのレザーコンディショナー

さて、次にレザーのケアをしていきます。

人それぞれ、色々な選択肢がありますが、

いきなり油分の強い(ベタつきのある)オイル系用品を使わない方が良いでしょう。

ここではまず革に栄養をしっかり入れたいので、浸透性の高い乳化性のクリームを使っていきます。

今回は、つま先が傷により色が抜けているので、1トーン暗くする効果のあるLEXOLのレザーコンディショナーを選びました。

綺麗な布につけて、なでなで。。。

ドモホルンリンクルのCMのように、お肌に成分を閉じ込めるように。。。

つけすぎに注意しつつ、全体的にクリームをのばしていきます。

こんな感じになりました。

ブラッシングでコンディショナーをなじませる

硬めの豚毛ブラシでブラッシングし、ツヤを出しつつコンディショナーの浸透を促します。

浸透し乾くのを待つため、一晩ほど置きます。

仕上げはお好みで

M.MOWBRAYで艶出しと保革

そして仕上げは、M.MOWBRAY クリームナチュラーレ。 この子も万能選手。

WHITE’S(ホワイツ)の純正ブーツオイルを使っていた時もありますが、今はこれ一本を使っています。

馴染みが良く、ベタつかないので。

Indy
もし、この後、しばらく靴箱の奥に眠らせておく予定なら、仕上げは慎重に。ベタつきが残るようなオイルなどはカビの原因になりやすいよ。

綺麗な布に薄くつけ、全体的に塗り込み、ブラッシングして完成です。

綺麗になりツヤも戻りました。

もっと強いツヤが欲しい方は、オイル系をつければ良いと思いますが、好みの問題ですね。

最後に靴紐を再びつけて、完了です。

 

過去のレザーケアはこちらもご参考に。

レッドウィング 手入れ

レッドウイングのお手入れをする。

2017-01-05
ゴローズの財布

【ゴローズ】レザー財布のお手入れ方法 & カビのクリーニング

2017-01-13

今回使ったメンテナンスクッズ

 

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Vibergのお手入れ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。