オリジナルの革パッチ、完成品が届きました。

革パッチ 鹿革
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

オリジナルジーンズを作るきっかけを作っていただいたUNION GARMENTの吉田さんから、

先日、こんな束をいくつか郵送いただきました。

札束かな??

革パッチ 鹿革

いえいえ。

オリジナルで制作していた革パッチが届いたのです!

鹿革のオリジナルの革パッチが完成

革パッチ 鹿革

AiiRO DENIM WORKSとして作った、初めての革パッチです。

思い描いている理想のイメージがデザインに落とし込まれ、

そのデザインが形になる。。。なんと嬉しいことでしょう!

ユニオンチケット(ギャンティーチケット)をイメージしたデザインのため、

ご覧の通り、通常のジーンズの革パッチよりも、横長の特注サイズで仕上げてもらっています。

このあたりのわがままにも、臨機応変にご対応いただいた工場さんに感謝です。

シボ感のあるマットな仕上がり

革パッチ 鹿革

革パッチの表面には、鹿革(表側)独特のシボが見られます。

手触りは、若干乾燥した、カサカサ感を感じます。

着用により水分・油分を含み、ツヤが出るものと思われますが、果たして・・・??。

素材の厚みの指定、忘れてた・・・

革パッチ 鹿革

革の厚みはこんな感じ。

柔らかい素材ですから、手にすると見た目よりも薄い印象を受けます。

これが、革パッチ屋さんのベーシック設定の厚みだと思うのですが、

私はもうちょっと厚みがあった方が良かった、と今更ですが思いました。

この素材は厚みがある方が迫力・存在感が増したはず。。。

というよりも、そもそも素材の厚みの指定が発注時にできるのか、ということすら確認してなかったので、これは私の反省点です。

革パッチ 鹿革

鹿革の地の色はベージュ。

デザインの印刷色を朱色に指定したので、その対比で結構白く見えますね。

一方、印刷面をよく見ると、所々に文字間の潰れインクのボヤけなどが見られます

シボのある鹿革の場合、印刷が難しいと発注時に聞いていたので、これは想定内で収まってます。

むしろ、工場さんの指摘の通りデザインをシンプルに修正してなければ、イラストの潰れがかなり酷いことになっていたことでしょう。(過去記事参照)

 

さて、この革パッチ。

早くオリジナルのジーンズに取り付けて、パッチの経年変化を確認してみたいですね。

で、今回、発注の最低数である100枚も作ったわけですが、

100本もジーンズ作らないし、相当数、余るわけです、、、どうしよ。。。

 

革パッチのデザインコンセプトを含む、制作過程の過去記事はこちらをどうぞ。

こんな革パッチのデザイン、いかがでしょう?

2016.12.05

革パッチの素材を決めました。

2016.12.03

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
革パッチ 鹿革

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。