デニム生地の比較観察 【Part.4】

オリジナルジーンズのデニム選定
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

デニム生地の再選定、本日は候補生地の最後の観察になります。

デニム生地の選定に対する反省と、新たな選定プロセス考察

「デニム生地比較シート」

デニム生地比較パターン

候補生地12種類の中から、最後の⑩⑪⑫の生地の観察です。

リネンテスターでの観察(ノンウォッシュの状態にて)

デニム生地候補⑩ 15oz

オリジナルジーンズのデニム選定 オリジナルジーンズのデニム選定

今回の候補生地の中でも、ちょっと特殊なデニム生地。

インディゴに硫化染料がブレンドされていて、発掘された1900年代初頭のデニム生地のように全体的に緑がかった、くすんだ色をしている。

表示としては15ozだが、それほどの重さ、硬さを感じない。

ムラ糸が表面に見られるが、手触りはスムースで柔らかく、ジンバブエコットンに近い印象。

オリジナルジーンズのデニム選定

1cm四方に縦糸22本、横糸19本。

オリジナルジーンズのデニム選定 オリジナルジーンズのデニム選定

生地裏を見てもムラが確認できるが、やはり手触りは柔らか。

オリジナルジーンズのデニム選定

糸の太さにバラツキあり。硫化染料による緑味のあるカラーが断面から良くわかる。表面は濃く染められているが、芯は比較的白く残っている。

オリジナルジーンズのデニム選定

赤耳。

デニム生地候補⑪ 14.5oz

オリジナルジーンズのデニム選定 オリジナルジーンズのデニム選定

目視でもムラが目立つ生地。適度なザラつきあり。

処理後だが、毛羽立ちも目立つ。ノンウォッシュの段階では黒に近い濃紺色。

オリジナルジーンズのデニム選定

1cm四方に縦糸22本、横糸20本。

オリジナルジーンズのデニム選定 オリジナルジーンズのデニム選定

生地裏からも糸のムラ、織りのムラが確認できる。

糸の太さにバラツキあり。芯は白く残っているものと芯まで染まっているものが混在。

オリジナルジーンズのデニム選定

耳は薄ピンク(ベージュ)。

デニム生地候補⑫ 13.5oz

オリジナルジーンズのデニム選定 オリジナルジーンズのデニム選定

ファーストサンプルでも使っているジンバブエコットンのデニム。

表面では目視できるレベルでムラ糸あるが、手触りは滑らか&柔らか。

染めは黒に近い濃紺色。

オリジナルジーンズのデニム選定

1cm四方に縦糸22本、横糸20本。

オリジナルジーンズのデニム選定

ムラ糸、織りムラが確認できる生地裏。

織り傷も多く見られる。

オリジナルジーンズのデニム選定

表面は濃く、芯は白?それともうっすらと染まっているか?という微妙なライン。

若干くすんだ青色の印象。

オリジナルジーンズのデニム選定

赤耳。

 

ここまで見て。。。

最後の⑫のジンバブエコットン13.5oz は、ノンウォッシュ時のスペック的には良い生地だと思います・・・よね?

ただ、これまでお話した通り、頭の中の想定で選んではいけない、ということです。

経年変化した後の、色落ち・生地感の「結果」が全てですから。

なので、ここまで行ってきた観察はあくまでも参考値として記録しておき、

次の色落ちテストに進んでいきます。

それにより、これまでのノンウォッシュ時の観察結果と、その後の色落ちの関連性のノウハウが蓄積できるかもしれません。

今後のプロセス

これらの候補の12生地。

次は、色落ち比較シートの洗濯を繰り返すなどして、それぞれの生地の色落ちのテイスト・スピードをある程度観察していきます。

本日もご一読、誠にありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

https://www.aiirodenim.com/denim-test-1-3158/

https://www.aiirodenim.com/denim-test-2-3214/

https://www.aiirodenim.com/denim-test-3-3245/

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
オリジナルジーンズのデニム選定

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。