【色落ち経過】ジョーマッコイのデニムシャツ『JOE McCOY DENIM COWBOY SHIRTS Lot.201』

ジョーマッコイ lot201
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

私が現在暮らすタイ・バンコクでは日中は35℃越えの日々が続いているのですが、

ひとたび公共施設に入ると、クーラーがガンガン効いててマジ寒すぎる状況。

(↑東南アジアあるある)こっちの人、どれだけ暑がりなのよ。。。

ということで、常夏のタイにおいても年中、私はデニムシャツを手放さず持っています。

本日はデニムシャツ、私物のジョーマッコイ Lot.201の色落ち経過です。

ジョーマッコイ Lot. 201 色落ち

ジョーマッコイ lot201 ジョーマッコイ lot201

着用年数は2年ほど。

室内メインですが、年中、週2日ほどの頻度で着用してます。

コテコテの(着丈の長い)デニムシャツではなく、シルエットが綺麗にアレンジしてあって、使い勝手がいいです、ジョーマッコイ。

トップのボタンがアポロコンチョになっているのも特徴ですが、写真に撮り忘れました。

洗濯回数も月に1度、裏返しで行なっています。

しかし、全体的にまだまだ色も残っている状況。

ジーンズのようなスピードでは色落ち進行しませんね、ジージャンと同じで。

ジョーマッコイ lot201

襟首のアタリ。いい雰囲気。

ジョーマッコイ lot201

袖元。ここはあたりがクッキリ浮き上がってきました。

ジョーマッコイ lot201

胸ポケット。あと一歩ってところ。

ジョーマッコイ lot201

脇のステッチのアタリ。

ジョーマッコイ lot201

裾のアタリ。ウネウネと綺麗。

ジョーマッコイ lot201 JOE McCOY DENIM COWBOY SHIRTS Lot.201

以上。

まだまだ4割ほどの色落ち具合。

これからもガンガン着たおして、楽しんで育てていきます!

 

尚、このデニムシャツは以前リペアに出していまして。

デニムシャツをリペアする。

2016.08.27

この時、リペアでお世話になった【JOURNEY FACTORY】のところへ

先日、ある用事で・・・お邪魔してきたのです。

ジーンズ作りに関する、目から鱗の話をたくさんお聞きできたので

別の機会に記事でシェアさせて頂きます。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジョーマッコイ lot201

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。