オリジナルの半袖デニムシャツ、サンプルの着用テストの経過観察(2ヶ月)

denim shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

現在企画を進めている、「サードウェーブ」なオリジナル・デニムシャツ。

今はサンプルの着用テストを進めていますが、本日はその進捗をご覧いただこうと思います。

オリジナル半袖デニムシャツ 経年変化観察(2ヶ月)

こちらが、出来立てほやほやだった頃の、デニムシャツのサンプル。

– Before –

denim-shirt

で、着用テスト2ヶ月ほどたった姿が、こちら。

–  2month –

denim shirt

こんな雰囲気になりました。

全体的な色落ちが進んだことにより、2つのデニム生地をコンビで使った箇所が分かりやすくなりました。

ただ今、絶賛悩み中なのが丈の長さ。全体的に0.5cmほど短めに詰めて、7ボタンを6ボタンに変更しようか、このままにしようか・・・。

今の7ボタンのメリットは、若干上品な雰囲気が出るところ。ワークなデニムシャツに7ボタンのミスマッチが気に入っているのですが、通常この手のシャツって6ボタン。

1つボタンが増えるだけで、着用時の手間が増える。それが着用のモチベーションに若干影響するのを私自身が着ながら感じています。

やはり6ボタンかな。。。

denim shirt

バックスタイル。

全体的にクタッとしてきて、当初より着心地もだいぶ柔らかくなり、私の日常のワードローブとしてヘビロテしています。

denim shirt

胸あたりは表情が豊かになってきましたね。まだまだこれから経年変化は進んでいくと思いますが、その様子を見ながらパッカリングの出方に繋がる縫製糸のチョイスやミシンのピッチ(運針数)などは、もう少し詰めていきたいと思います。

denim shirt

正式リリース予定の来年夏までは、まだまだ時間があります。とはいえタイムリミットがあるわけですから、時間ギリギリまで妥協せず、最高のデニムシャツを追い求めていきます。

denim shirt

やはり、縫製糸は30番手(もう一段、細い糸)にした方が、このシャツの雰囲気には合いそう。

袖の耳使い。

denim shirt

通常のデニムシャツでは肩のヨークは当て布にされていますが、製作しているデニムシャツでは巻き縫いで一枚生地を繋いでいます(詳しくはこちらの記事参照)。

これが想定どおりの機能・着心地を実現しておりまして、素直に嬉しいと思うと同時に、モノづくりの考察プロセスに対して自信がつきました。

denim shirt

ポケットの大きさや形も、基本的にはこれで良さそう。

目立つような飾りステッチ入れるなどのデザインを落としこむことも考えていましたが、それよりもこのポケットの形状と縫製仕様をミリ単位で調整することに考察の時間を割いていきたいと思います。

ボタンは変える予定です。

denim shirt

今回のシャツでは、襟の形を重要視していましたが、文句なし。パタンナーさん、よくぞ一発で理想のものを上げていただきました。

denim shirt

ピスネーム。

サンプルでは、オリジナルジーンズのCherokeeで使ったものをそのまま使用しています。

denim shirt

腕のつなぎ部分、もう少し角度を調整しようかと。

denim shirt

そんな感じで、順調に育っております。

まとめ

デニムシャツを作ることになるなんて思って、ブログの立ち上げ当時は思ってもいませんでしたが、一度考え出したらやりたい事がどんどん出てきます。

試行錯誤しながらも作り上げる過程を私自身が最高に楽しんでいますが、その様子が皆さんに少しでも伝われば幸いです。

関連記事

これまでのデニムシャツの経緯をまとめて見ました。

aiiro denim shirt(デニムシャツ)

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察①

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察②

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察③

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察④

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察⑤

・オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察⑥

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
denim shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。