オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察②

denim-shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

オリジナルで企画している半袖デニムシャツ。

オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察①

2018.07.08

固定概念を取っ払い、定番的なデニムシャツを作る。

自分自身が楽しみながら着用できる様に、様々な仕掛けを考えながらサンプルでテストしています。

今日はそのうちの一つをご紹介したいと思います。

この度の新しいデニムシャツは、

  • 夏場のスタイルに合う美しいシルエットと着丈
  • 夏場でも快適な着心地
  • デニム生地の経年変化の楽しみ

と言う3点に主軸を置いて企画を進めていますが、この内「経年変化の楽しみ」と言うポイントにおいて、ちょっとお遊びを入れています。

この写真を見てください。

denim-shirt

ちょっと違和感、ありますか? あまりないでしょうか?

では、こちらはどうでしょう。

denim-shirt

なんとなく…気づかれたかもしれません。

このオリジナルのデニムシャツ、ぱっと見は同じデニムに見えますが、実は2種類のデニム生地を箇所によって使い分けています。

たくさん着て経年変化させるほど、それまでは同じ色に見えていたデニムが、徐々に色落ちの質の違う2トーンカラーに変化して行くギミックです。

さらに、角度を変えた写真。

denim-shirt

生地の違う箇所は、主に胸〜肩のヨーク部分と、胸ポケットなどです。しかも、ただ生地を変えました、と言うだけではありません。

胸ポケットおよび肩周りのデニムに縦落ちが見られると、胸元の第二ボタンに向けて集中線の様な形で縦落ちの線が入る様に計算して生地を斜め45°にセットしてあります。

ちょっと説明が難しいですが…、色落ちが進むことで隠されたデザインが完成する様に設計してみました。

denim-shirt

背中側を見ると生地の違いが分かりやすいかも。それでも「言われてみれば」と言う程度なので、普通の人はそんな自己満足のディテールに気がつかないと思います(笑)

しかし、色落ちが進めば「あれ、アイイロデニムのシャツじゃね?」って気づく人が出てくる…と良いなぁ。

サードウェーブらしい「スタイルのあるディテール」ではないでしょうか。

ただ、先日の記事でもお伝えした様に、そもそもベースとなるデニム生地の選定に苦戦中でして、このギミックが想定している通り上手くいく可能性は、残念ながらあまり高くはありません。

2種類のデニム生地、イメージ通り選び出せれば…この夏は、もうちょっと生地テストの幅を広げてみる予定です。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
denim-shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。