ライトオンスのデニム生地テストから始める「デニムシャツ企画」

aiirodenimworksのdenimシャツ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

Cherokeeはすでに生産ラインに入っており、私が出来ることが無くなったので(^^)

別途、1年間ほどの開発期間を想定したデニムシャツの企画をゆっくりと進めています。

「デニムシャツ」をお勉強したい。

この企画にあたり、ジーンズ制作時で学んだことを思い出す・・・

時間をかければかけるだけ、完成度が高くなるのが「デニム生地」の選択。

なんとなく感覚や、生地のブランド(綿花の種類など)で選ばないこと。

妥協なくテストを繰り返し、実際に経年変化をさせた生地の色・表情を、太陽光の下と室内で目視すること。

ということで、前回のCherokeeのデニム生地を選んだ時と同様のプロセスを踏んでいきたいと思います。

aiirodenimworksのdenimシャツ

先月〜今月にかけて、東京と岡山の生地屋さんの展示場にお邪魔して、候補とする8~10ozのデニム生地を11種類まで絞りました。

今回のデニム生地は「縦落ち感が強く」「手触りはカラッと」「色味は素直な青」

という3点の条件で探していたのですが、

10ozくらいだと生地のバリエーションが豊かになるのですが、8oz程度まで軽いものだとあまり選択肢が少なくなる傾向にありました。

とはいえ、手触りや色味、染めの深さなど、将来の色落ちを期待させる生地を多く集めることができましたよ。

これらを、前回のように「比較シート」を作って、気長に経年変化の様子を見ていきます。

室内&太陽の下でも観察するよ。【デニム生地 色落ち&生地感 比較シート】

年内にまた、3つほどに絞りたいなぁ。

aiirodenimworksのdenimシャツ

今回のデニムシャツのアイデア自体は、自分で言うのも何ですが、なかなか面白いですよ。

色々新しい試みを入れるので、「デニムシャツのイノベーション」なアイテムになる可能性もありますが、逆に「素人が考えたダサい服」が出来る可能性もあります。

そんなダサい服=失敗作ができても、ここでシェアしていきますね(笑)

自分も早くサンプルが作りたくって、ワクワク。

この手の「ちょっと先の未来のワクワク」を持てる生活のお陰で、毎日ハッピーなのです。

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
aiirodenimworksのdenimシャツ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

  • 因みに、ライトオンスのデニムジャケットなんてどうですか?例えば、Leeのカウボーイみたいなのがあればな~と思います。

    • ライトオンスのカウボーイ・・・間違いなく、かっこいい&使い勝手が良いと思います。 ご意見、参考にさせて頂きます〜。いつもコメント、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。