CHEROKEEの履きこみ中。修正点もいくつか。(ジーパン色落ち)

Cherokee-CRK-018
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiirodenimworks-cherokee-crk018

オリジナルジーンズ、Cherokeeの履きこみテストを行なっています。

これまでサンプルを2回作り、時間をかけて考察と修正を加えて、

今回の最終サンプルの制作に至ったので、さすがにもう、これでいいだろう・・・と思ってタカをくくってましたが、

修正したいところが、やっぱりまた出てくる。

例えば、ピスネーム(赤タブ)。

Cherokee-CRK-018

くるっと、丸まっている・・・のでは無く・・・

Cherokee-CRK-018

お尻で踏まれて、ペッチャンコに折れ曲がっただけになってしまいました

これ、縫い付ける際のタブの出す面積が若干大きかったみたいです。

以前作成した色落ちテスト小物ケースで実験の末、縫い出す面積までミリ単位で決めたものだったのですが、お尻に踏まれてペタってなっちゃうことは想定してなかった。

ポケットの位置との関係もあるのだと思いますが、

本番ではあと1mm、内側に入れ込んで縫うことにします(出し幅6mm)。

そして、ちょっと細かいところですが、

Cherokee-CRK-018

腰横のバナナイエローの綿糸でのサイドステッチ。

微妙なところですが、若干見た目のバランスが気になってきました。

フロントポケット、バックポケットの間に挟まれている、このステッチ。

統一感を持たせるため、あと少し、運針数(ピッチ)を細かくしたいと思います。

あとは股上の微調整を行うこと。

これで本番仕様になるかな・・・毎日、ああしたい・こうしたいが溢れ出てきますけど。

尚、選んだデニム生地に関しては、散々テストをしてきたので、

それは想定通りの、素晴らしい表情を見せ始めています。

Cherokee-CRK-018

一番わかりやすい、チェーンステッチの部分。

美しいブルーのグラデーションが顔を出し始めました。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterとInstagramもフォローください。

Instagram

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Cherokee-CRK-018

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。