各ブランドのジーンズの縫製仕様を、測る。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

仕事休みの日に、時間を見つけては、

私物の様々なブランドのジーンズの縫製を、ピッチや番手を調べて、メモメモしてます。

縫製なんて、自分でジーンズを企画するまで、何気なくしか見てない部分でしたが、

メーカーさんごとのこだわりが垣間見える、楽しい時間。

良いジーンズには、良い縫製が施されているのは間違いない。

なんと表現すればいいのか・・・

ペラっと見えるジーンズは、縫製が単純。

見た目から重厚で立体感が感じられるジーンズは、各箇所の縫製にこだわっている。

これ、マジ。

ジーンズの縫製のピッチ

この巻縫いの縫製はブランドによって特徴が様々。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

ここは20番手が使われることが多いけど、運針数がブランドによって違う。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

バックポケットのこの部分に8番手が使われるのって、珍しい。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

ここはほとんどのブランドが20番手。運針数も8くらいが多いね。

ベルトループのように、中高仕様になっているブランドもたまにアル。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

ベルトループ。

ステッチ色、ループの幅、ステッチ間の幅で、雰囲気が結構変わる。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

股の部分も。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

脇はブランドごとに番手も違えば、縫う長さも異なる。

太い番手の方が私は好み。

ジーンズの縫製のピッチ

折伏せの幅とかも、調べてメモメモ。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

コバの幅も、メモメモ。

ジーンズの縫製のピッチ・運針数

耳の幅も、メモメモ。

 

縫製は、知れば知るほど、見れば見るほど、新しい発見がありますが、

特に20年続いてるジャパンブランドさん達のジーンズ。

長い経験の中で辿り着いたであろう現在の縫製仕様は、さすがの一言です。

 

これら私物のアーカイブの各箇所で使われる縫製仕様を参考に、

これから最終選考するデニム生地との相性を考えて、最後の最後に決めていくのです・・・

「経年変化をデザインする」という考え方(その1)

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズの縫製のピッチ・運針数

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。