『ヘイルメリーマガジン 2018年11月号(vol.30)』 は“10年ぶり”のジーンズ特集!重厚な内容でマストバイ(HailMary Magazine)

Hailmary Magazine vol.30
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

最近、毎号購入している雑誌『ヘイルメリーマガジン(HailMary Magazine)』は、イチ時代を築いたあの「FREE & EASY」の元編集長、小野里氏が独立し発行している月刊誌。

HailMary Magazine

前月号のブーツ特集も面白かったな…

このヘイルメリーマガジンは「ファッション誌」かと言うと断じてなく、「カルチャー誌」か…と言うのもしっくりこなくて。

私の中でカテゴライズするなら「文芸誌」に近いイメージです。

誌面に散らばる編集長・小野里氏の文章には情緒があり、想像性豊かで文学的で。

「あぁ、夏目漱石や太宰治がアメカジ好きだったら、こんな語り口調でモノ語りするんだろうな」と想いを馳せながら、一冊のヘイルメリーを1ヶ月かけてじっくり隅々まで拝読しています。

他のアメカジ系雑誌とは立ち位置が別次元にあるもの。

感情を揺さぶるその誌面づくりは、今残された同系統の雑誌の中で唯一、新しいトレンドを作り出す力がある媒体だと思います。

そんなヘイルメリーマガジン、最新の2018年11月号は「一番ジーンズ」と題し、ジーンズ特集が組まれていました。

Hailmary Magazine vol.30

これが実に重厚で素晴らしい内容。

本日はそちらをレビューして見たいと思います。

ヘイルメリーマガジン2018年11月号 レビュー

目次

Hailmary Magazine vol.30

今号の特集は「一番ジーンズ」。

なんとこの手のジーンズ特集は、小野里編集長が先の「FREE & EASY」時代から数えて、実に10年ぶりと言うこともあってか、内容の厚みが半端ない。

内容

Hailmary Magazine vol.30

今やジーンズと一言で言っても様々なカテゴリーが生まれており、人それぞれ「一番」が違うだろう、それを見てみようぜ、って言うコンセプトなのですが、実際のところジーンズに関連する情報の全包囲網的なコンテンツ

リーバイスの歴史やヴィンテージの魅力もそのコンテンツの中の一つですが、散々見聞きしてきたこれらの情報も、ヘイルメリーの切り口で記事にされることで新しい学びや気づき、発見があります。

Hailmary Magazine vol.30

とにかく、語りつくせないほど多種多様なデニムに関連する記事で埋め尽くされているので、実際に手にとって見て欲しいのですが。

特にウエアハウスに関しては、企画、機屋、裁断、縫製に関してかなり細かく取材されてました。実際のそれぞれの工場の名前も出しており「え、ここまで出しちゃっていいの?」と心配になるほど。

取材量、情報量、質が…すごい。

よくあるデニムのムック本よりも価値のある情報で埋め尽くされていますよ。デニム好きは必見です!!!

Hailmary Magazine vol.30

ヘイルメリーは毎号、裏表紙から読むことで「THE HAUS BOOK」と題した、ヘーベルハウスとコラボレートした家を作るプロジェクトの誌面を読むことが出来ます。

あー、よく見る不動産関係とタイアップの「記事広告」ね・・・と思うことなかれ。

この特集も読んでみて…まじで面白いから。

Hailmary Magazine vol.30

「アウトドアがブームだが、忙しいサラリーマンは頻繁にキャンプに行けないだろう?だったら家の屋上に、キャンプができるスペースを作ろうよ。」

なにこの説得力…。

毎号毎号、夢のある家とライフスタイルを裏表紙から刷り込んでくるヘイルメリー。

これを読み、「記事広告」が悪と言う訳ではなく、結局は読者の心を動かせるコンテンツかどうかが重要なのだなと思った次第。

【まとめ】ジーンズ好きな人、この11月号は読破すべし。

Hailmary Magazine vol.30

今月号に限らず、ヘイルメリーは販売価格=1,000円の価値は十分ある誌面。

特に今月号は我々の好きなデニムに関して、超気合いが入った情報量。

デニム特集以外の記事も相変わらず全部面白いですから、皆さんに強くおすすめできる一冊ですよ。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Hailmary Magazine vol.30

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。