【色落ち】フラッドヘッド(FLAT HEAD)ジージャンS6001W 1st タイプ

フラッドヘッド ジージャン S6001W 色落ち
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

今日は私物のフラットヘッドの1stタイプのジージャン、S6001Wの色落ちを見てみましょう。

最近はもっぱら、会社で着用しています。タイのオフィスビルはどこも冷房効きすぎて寒いからね。。。

フラッドヘッド(FLAT HEAD)ジージャンS6001W

フラッドヘッド(FLAT HEAD)ジージャンS6001W

生地は12ozと、数あるデニムジャケットの中でもかなりライトオンスのデニムを使用。

しかしコシがあり、軽く着心地良し、シルエットも細身で野暮ったくなく、

シャツ替わりに着用できます。この上にアウターとかを来ても違和感なし。

1st タイプですが、ポケットにフラップなし、ドーナツボタンの大戦モデル。

 

色落ちを見てみると、購入から6年ほど経ってますが、まだ色は濃いのです。

結構着用頻度、高いのですが、ジージャンは時間がかかりますな。

 

とはいえ、フラットヘッドらしい雨のような縦落ちを見せる、素晴らしいデニム生地です。

腕周りにハチノスが出ていますが、まだまだ育つでしょう。

いつだったか、乾燥機にかけたら、革パッチが縮んでしまいました。

フラッドヘッド(FLAT HEAD)ジージャンS6001W

そのため、首裏の生地がおかしなことになってますが、それも味。

1stタイプなのでバックシンチ付きですが、いわゆる「針タイプ」ゆえに、電車など人混みの中ではちょっと着にくいので、今は室内向けにしています。

尚、フラットヘッドには同じ1stタイプでも、通常のオンスのデニムを使用したモデルがございますよ。

引き続き、色落ちの進行を見てレポートしたいと思います。

Flat Head(フラットヘッド)タイ・バンコクでのイベント報告 @Pronto Denim

2016.10.30

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
フラッドヘッド ジージャン S6001W 色落ち

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。