VISVIM(ビズビム) のデニムシャツ研究、インスピレーション掻き立てられる。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

引き続き、色々なデニムシャツを隅から隅まで「ガン見」する日が続きます。

美しい色落ち・経年変化が楽しめる快適なデニム半袖シャツを作る。

どのブランドも、思い思いの作り方をしているので、見れば見るほど面白い。

実に自由度が高く、それゆえに奥が深い「デニムシャツ」の世界。

色々と研究する中で、特にインスピレーションを受けているのはナイジェルケーボンとVISVIM(ビズビム)

今日はそのVISVIM(ビズビム)のデニムシャツを研究して見ましょう。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

外観

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

このVISVIMのデニムシャツ。

数シーズン前のコレクションです。

ぱっと見は変哲のない、どこにでもありそうなデニムシャツですが、物作りに対するVISVIM哲学が要所要所に散りばめられていて興味深い一着です。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

デニムシャツとしては珍しく、オフホワイト一色のステッチワークで統一されています。

要所要所で運針数が調整されており、全体を通して実に上品にまとめられています。

ディテール

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

シャツの命とも言える、襟の形状。

大きさもそうですが、剣先の長さと開く角度、そして立ち上がり方が、実に既存のデニムシャツらしくない。

VISVIMらしさって、こういうところなのでしょうね。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

で、この2枚仕立てのヨークですが、これ、よく見ると斜めに生地が使われています。

ここだけじゃなくて、

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

この胸ポケットも、斜めの生地使い。

これにより、見る角度によってはポケット部分が目立つようになっています。

良く見れば気が付くレベルの、「さりげない変化」が面白い。

そして、縫い代の際まで攻めて縫製されたステッチは、デニムシャツというよりもボタンダウンのシャツのような雰囲気に近いかな。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

スナップボタンの比翼部分にはデニムの耳が使われています。

VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

ネックの裏地ですが、ここの縫製も変態的。

このタグがついている部分って、普通はデニム生地の「裏地」なんですよ。

ここにわざわざ面倒な縫製技術を駆使して表生地を持ってきているのは、まさにVISVIMの哲学でしょう。

ただデニム生地を2枚貼り合わせただけではなくて、厚くならないように工夫された(説明が難しい、というか縫製の構造が良くわからん)縫い方がされてます。

まとめ

私がこれまで一番お金を使ったブランドであろうVISVIM。

全てのアイテムがシンプルながら、常に物作りへの探究心がブレない、本当にいいブランドだと心から思います。

このデニムシャツで受けたインスピレーションは、今企画中の半袖デニムシャツに活かしていきたいですね。

VISVIMに関する以前の関連記事はこちらです。

VISVIM(ビズビム)が開発した「DRY DENIM」の技術とは?

 

今日の一枚

写真ーアロハにありそう

ふと見上げれば、アロハの柄にありそうな木々だった。アロハ欲しい。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
VISVIM(ビズビム)のデニムシャツ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。