VISVIM(ビズビム)が開発した「DRY DENIM」の技術とは?

VISVIM DRY DENIM
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

みなさんが今まで、一番ひいきにしてきた服のブランドってどこですか?

“アメカジ大好き”な私が、人生で一番お金を使ってきたブランドを一つ挙げるとすれば・・・

ウエアハウスでもなく、フルカウントでもなく、フラットヘッドでもなく・・・

ダントツでVISVIM(ビズビム)なのです。

VISVIMのモノ作り

VISVIM DRY DENIM

参考:VISVIM(https://www.visvim.tv/jp/)

なぜ好きなのか、と聞かれれば、VISVIMのものづくりのプロセスが好きだから、と答えます。

アメカジブランドは、古き良き時代のモノ作りの研究と再現=「職人気質」

一方、VISVIMは世界中の古い技術を集めて、蘇らせ、誰も知らない技術をクローズアップし、最新の技術も採用する=「研究者気質」。

固定概念にとらわれず、ものづくりの懐が深く、次はどんなものが生み出されるのだろうか?と毎回ワクワクさせられるブランドです。

技術に対して変態的に探求するブランド。

ただ、ブランドがスタートした当初と比べ、最近は定価がだいぶ上がってしまって。。。

クオリティも高くなったけど、値段も更に高くなってしまいましたね(TT)

そんなVISVIMから今年、気になるキーワードが出てきました。

それが、「DRY DENIM®」。

VISVIM(ビズビム)のDRY DENIM®とは?

VISVIM DRY DENIM

参考:VISVIM(https://www.visvim.tv/jp/)

その名の通り、ざっくり一言で言えば「乾燥したデニム」

アメリカ・西海岸の強い日差しの中で着続けられ、強力な洗濯機でガンガン洗われたヴィンテージデニムが持つ、生地の目が詰まったドライ感を再現したい・・・ということで、

研究の結果、特殊な加工を施し繊維の油分を抜いて収縮させるという手法を新たに開発したとのこと。

この写真、左が加工前で、右が加工後らしいですが・・・この収縮率は尋常ではない

15~20%くらい収縮しています。

VISVIM DRY DENIM

参考:VISVIM(https://www.visvim.tv/jp/)

デニムジャケットも、この通り。

この加工により、生地の目が詰まりドライで立体的な表情を持たせる独自のデニムが完成したそうです。

我々がよく知る、「キバタのデニム生地」でも収縮率は10%あたり。

それであのザラ感なのですから・・・それ以上、収縮させたデニムの表情ってどんな感じなのでしょう。

おそらく、これは文章や写真・映像で見ても、このプロダクトの本質は伝わらないでしょう。

実物を見てみたい。(今の所、VISVIM直営店のみの展開みたいです)

あの変態的なモノ作りを続けてきたVISVIMが商標登録してまでリリースするこの「DRY DENIM®」ですから、相当な代物であろうと期待しています。

VISVIM DRY DENIM

参考:VISVIM(https://www.visvim.tv/jp/)

VISVIMではこのDRY DENIM®にさらにペイントなどの加工を手作業で施してリリース予定。

デニムにおいても固定概念にとらわれないVISVIMらしいアプローチ、ワクワクします。

VISVIM DRY DENIM

参考:VISVIM(https://www.visvim.tv/jp/)

VISVIMのDRY DENIMに関する詳細はこちらをご覧ください。

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterとInstagramもフォローください。

Instagram

 

VALUもやってます。

<インディのVALU> https://valu.is/indy

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
VISVIM DRY DENIM

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。