ウエアハウス 2018年春夏新作カタログ(WARE HOUSE)「セコハンシリーズが増殖中」

ウエアハウス2018SSカタログ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

1月の初売りも落ち着いたこれからの季節は各ブランドから春夏の新作が発表されるタイミング。

ウエアハウス&ヘラーズカフェからも2018年春夏(SS)のカタログWEBで出ていましたので、いつものようにカタログスペックを見ながら、私が買いたいアイテムなんかも含めてレビューしてみたいと思います。

ウエアハウス(+ヘラーズカフェ)2018SSコレクション

ウエアハウス WAREHOUSE

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

さて、まずはウエアハウス。

今作でまず目立つのが、【2ND-HAND】シリーズ。

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

いわゆる古着加工を施したのが2ND-HAND(セコハン)シリーズなのですが、昨年の展開が好調のようで、今シーズンではジーンズだけでは無くデニムジャケット・デニムシャツとラインアップを一気に増やしてきました

古着加工のラインナップでは他ブランドの中でも後発組で、どちらかというと「リジットデニム」を穿き込むカルチャーを守り続けてきた印象のウエアハウスでしたが、

むしろ今は古着加工モデルのマーケットを積極的に牽引している様子を見て、個人的には若干寂しいと思うところも…。

しかし、実際にウエアハウスのセコハンシリーズの古着加工の技術は凄い。

本物の古着と見分けるのはもはや無理。

あれほどの加工を施したジーンズを、アンダー26,000円で販売するっていうのが、またすごい。

売れるには理由があるってことで、ここは素直にウエアハウスを讃えたい。

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

ウエアハウスの春夏といえば、Tシャツ。今期もバリエーションが揃っています。

ウエアハウスのオリジナルのTシャツボディは耐久性、着心地、風合いのバランスが全ブランド中、最高だと思います。

好きなプリントがあれば、即買いして損は有りません。

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

七分袖も例年通りラインナップ。

このラインアップを見て、新作なのか過去のコレクションなのか見分けがつかないし、新鮮味は全く有りませんが、春夏のアメカジって、結局「Tシャツだよね」ってことです(笑)

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

そんなウエアハウスのTシャツの中でも毎回人気なのが人物モチーフのプリントTシャツ。

今期の人物プリントのモチーフはアメリカ合衆国第16代大統領「エイブラハム・リンカーン」。

また人気で完売するんでしょうけど、購入の前に一つ知っておいて欲しいこと。

リンカーンって歴代大統領の中でも最もネイティブアメリカン(インディアン)を迫害した人。

特に、アメカジファンはみんな大好き「ナバホ族」はリンカーンによって虐殺され土地を追われた歴史あり。

そういうことを知った上で、コーディネートして欲しいですね(これ着てネイティブ系アクセとか付けるのは何か変だよ、ってこと)。

ご参考までに、関連記事はこちら↓

オリジナルジーンズの革パッチ

オリジナルジーンズのモデル名はCherokee(チェロキー)型番CRK-018。

2017-08-04

おすすめは半袖シャツ

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/wh2018ss/)

数ある新作コレクションの中で、私が気になったのがこの半袖のオープンカラーシャツ

襟の形、裾および袖の長さと処理、ポケットの形状。

似たようなのが有りそうで無かった、そんなウエアハウスのオリジナルシャツが昨年に続きラインナップ。

背中に若干プリーツも入れてあり細部まで拘って作られた一品ですが、今期は昨年よりも色・素材が断然良い。

ジーンズ・チノパン・ピケパンツ・短パン、ボトムを一切選ばない超万能選手です

 

アメカジブランドの半袖シャツって、一期一会。

1900年代前半の衣類のアーカイブの再現が今のアメカジブランドの根底にある中で、「半袖のシャツ」って過去のアーカイブの例が少ないアイテムなのです。

アーリーセンチュリーの労働者の資料をみても、半袖を着ている例を見たことがない。

長袖を着ているか、長袖の袖をまくっているか、上半身裸で作業をしているかのどれか。

つまり、アメカジブランドにとっては再現するべき「有名な半袖シャツ」というゴール地点が無いので、作る半袖って各社バラバラ。

逆に言えば作り手のセンスが試されるところ(アロハやボタンダウンは別ですが)。

今年売ってるからといって来年も販売されるとは限らない性質のアイテムのため、良い半袖シャツに出会った時は「すぐ手に入れる」っていうのが良いというのが、私の持論。

ちなみに、同じく今期おすすめできる半袖シャツは、WORKERSのオープンカラーシャツ

ヘラーズカフェ HELLER’S CAFE

ウエアハウス2018SSカタログ

出典:ウエアハウス(http://info.ware-house.co.jp/product/season/hc2018ss/)

へラーズカフェの看板アイテムであるノンパレイルシリーズの「ブラウス2」が初登場。

見た目はクセがすっごいんですけど、へラーズのアイテムって着てみたら「以外としっくりくる」ものが多いので、これは試着をしてから評価したいところ。

総括

いつものウエアハウスの春夏ラインナップに加え、古着加工の【2ND-HAND】のラインナップ増が目立った今期のコレクション。

コアなデニムファンからは賛否両論あるかも知れませんが、古着加工を「シリーズ展開」した事によって他のブランドと新しい差別化が出来つつあると感じます。

 

私は今期はオープンカラーシャツとTシャツを何枚か、ゲットしようかと思案中。

 

今日の一枚

ご近所猫

ご近所を散歩する、ネコ殿。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ウエアハウス2018SSカタログ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。