オリジナル・デニムシャツは、色落ち・着心地・シルエット、どこに軸足を置くか?

denim shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

現在、企画を進めている、オリジナルの半袖デニムシャツ。

denim-shirt

秋冬真っ只中の肌寒い季節に、半袖の話をされても全くピンとこないでしょうけど(爆)

今、私の頭の中は、これでいっぱい。

 

シルエットが美しく、経年変化が美しく、着心地が良い、今までに無い半袖デニムシャツを作りたい!

…そんな「夏のベーシック」を作るべく、もうこれ以上修正する必要が無いと思えるほど、追い込んでいきます。

試作品のテストをしながら、考察を重ねていっておりますが、その中で難しいのが「色落ち、着心地、シルエット どこに重きをおくか?」と言う、コンセプトそのものの軸足の部分。

denim shirt

これが当初想定していた以上に難しく、どっちかを立てれば、どっちか立たず、みたいな感じになるんですよね。

特に、ゴリゴリの色落ちを追求していくと着心地を損ねガチ。

そんな着用テストを続けた結果、、、

夏衣料で「ベーシック」を目指すには、「着心地」のプライオリティを最も高くするべきである、と言うのが私の結論です。

denim shirt

夏場の衣料=直接肌の上から着用することもある訳で、

着心地が悪いなぁと思うと、どんな良い経年変化を見せる生地やディテールのシャツであっても着る頻度が下がる→結局経年変化させられない、と言う負のスパイラルに入ってしまいます。

それではベーシックとはなり得ませんので。

シルエットと経年変化の美しさをギリギリまで高めながらも、着心地を最優先させる、という挑戦になります。

で、そう言う軸足に設定し、各ディテールを更に追い込んでいきます。

denim-shirt

例えば、首元のネームタグは今のレーヨン製から、リネン+綿の混合にしよう、とか。

ステッチの番手を細くする箇所を作ろう、とか。

部分的にシャンブレーを使って、通気性を確保しよう、とか。

ボタンの素材を変えてみよう、とか。

 

軸足をしっかり決めることで、さらなる工夫と追い込みが施せる。

元となっている、いわゆる「ウエスタンシャツ」とは随分とディテールが変わってきますが、固定観念にとらわれないサードウェーブなモノづくりとしては、これで良いのではないかと思うのです。

 

他にないモノ。

そんなシャツでなければ、こんな個人が作る意味無いですからね。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
denim shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。