これぞ究極のベーシック。コンバースUSAの傑作オールスター『CT70』のキナリ【PARCHMENT】。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

日本では買えないコンバースUSAの傑作オールスター『CT70』

メンズはもちろん、最近はおしゃれレディースの皆さんの間でもビッグヒットなキーワードになっている『CT70』。

シーズンごとに新たなカラーが発表されておりますが、その全ての基本となるであろうモデルが、今日レビューをする【PARCHMENT】(キナリ)

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

義姉から帰国時のお買い物にと頼まれまして、バンコクのコンバースショップで購入。

本日はそれを義姉に渡す前に・・・写真を撮ってレビューしちゃいたいと思います。

CONVERSE CHUCK 70『CT70』ローカットPARCHMENT(キナリ)

外観

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

薄いオレンジのBOXとCONVERSE CHUCK 70『CT70』ローカットPARCHMENT(キナリ)。

尚、ボックスデザインはこの2018年から変更が加えられています。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

写真での見た目はホワイトのように見えますが、実際はクリーム色がかった「キナリ」です。

このモデルにこのカラーです、トップス&ボトムスを一切問いません。

もう、何にでも合う、究極のベーシック。

最悪、裸にこれでも合う(wんなワケないw)。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

サイドのラインは赤+黒。

日本でも買えるベーシックなオールスターは青赤なカジュアルテイスト、それと比べてこちらはソリッドでスタイリッシュな印象になります。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

バックスタイル。

スリースターの黒パッチがかっこよすぎます。それでは細部を見てみましょう。

ディテール

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

トゥは日本のオールスターとは違い、先細の形状になっています。それにあたりトゥガードも小さめです。

このスマートなシルエットがCT70の最大の特徴ですね。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

光沢感があるコーティングがされているラバーの部分。

しかし、2017年以前のバージョンと比べると2018年以降のものはこの光沢が若干抑えられました。

以前のものは、もっとシャイニーでしたよ。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

トゥのエンボス模様もCT70独特の形状。

見る角度によって、雰囲気が変わります。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

このトゥの部分の違いだけで、ずいぶんとスニーカーの表情が変わるものです。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

新品の状態から既につま先が上を向いており、履き込んだヴィンテージスニーカーな風貌になっています。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

サイドのレッドラインのつなぎ目・・・グニャリ。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

CT70お馴染みのスリースターのヒールパッチ。

昔はエンボス(凸凹)が入ってたのですけど、2018年版はフラットな印面になっています。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

このような感じで、ソールのラインの上からスリースターパッチが貼り付けられています。立体感がありますね。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

ヒールには風合いの違う綿テープが貼り付け。何気ないディテールですが…

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

バックスタイルを引き締めます。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

どこから写真を撮っても美しいのは、プロダクトが完成されている証拠。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

ネップ(織りクズ)の入った生成りのキャンバス生地がアッパーになっています。

まるで帆布のようなゴワゴワ感に、痺れる。

クタクタになるまで履きこみ、経年変化を期待したいところ。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

縫製もしっかり。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

CT70のクッション性の高いインソール。

尚、このインソールのデザインは2018年版。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

硬さと厚みのあるソール。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

CT70に標準装備されている綿100%のシューレース、これだけでも雰囲気抜群。

ナチュラルな生成りの色味と、「編み物」的な見た目が、心をくすぐります。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

若干大きめのお椀型をしているハトメ。

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

究極のベーシック、コンバースUSAの傑作オールスター『CT70』のキナリ【PARCHMENT】は、定価で日本円で約9,000円です。

【まとめ】1足は持っておきたい『CT70』

コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

アンダー1万円で高い満足度を提供してくれる『CT70』。

こんなのが日本で正式に発売されたら…そら日本中を席巻するわな、と思う次第。

それゆえに、コンバースジャパンが厳格に日本への輸入を防ごうとする理由も分かりますね。

しかし、人間とは何と欲深い生き物…、買えないと分かると、尚更手に入れたくなる。

海外旅行にお出かけの際に、または海外旅行に行く友人などにお願いしてゲットしましょう。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
コンバースUSA CT70(チャックテイラー・オールスター) PARCHMENT(ホワイト生成り)

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。