ナイジェルケーボン×タイメックスの名作コラボ『NAM WATCH』、第3弾がリリース!

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今やパソコンやスマートフォンなど、日々の生活の中で常に目に触れるツールで、嫌というほど時刻を見ることが出来ます。

時刻を見ないで1日過ごす方法の方が、無理ゲー。

それゆえ、今となっては「時刻を把握するためだけのツール」としての腕時計の必要性は限りなく皆無。

しかし…人はそれでも何故、腕時計に惹かれてしまうのでしょうか…

シルバーカスタムGショック DAMUE

24時間、時を刻み続けるという“機械”としての魅力なのか?

それとも、自分を着飾る、“アクセサリー”としての魅力なのか?

いずれにせよ、

腕時計をする人がどんどん少なくなっている今の時代だからこそ、

逆にこだわりの腕時計を手にする人に、私は人間的な深みを感じ、魅力的に見えます。

 

そんな腕時計ですが、

腕時計をする人が減った → アパレル&カジュアルブランド各社から新しい腕時計のリリースが減少 → 良い新作が無い、という実に寂しい状況が続いていますが、

そんな中で近年、アメカジファンの中で「傑作・名作」と聞いて思い浮かぶのは、ナイジェルケーボン×TIMEXのNAM WATCH(ナムウォッチ)でしょう。

nigel cabourn timex

WW2以前から存在する米軍兵への支給品のTIMEXのベストセラー『Camper(キャンパー)』をベースに、ナイジェルケーボンのミリタリーエッセンスを融合。

結果、カジュアルからフォーマルまで対応できる傑作ウォッチが2018年に爆誕。

リリース時にはナイジェルケーボンファンのみならず、ファッショニスタの間でかなり話題になりました。

nigel cabourn timex

傑作コラボ、発売中。【ナイジェル×タイメックス】のミリタリーウォッチ(Nigel Cabourn x TIMEX)

2018-01-22

そんなNAM WATCHの第3弾が今週からデリバリー開始。

ベースはこれまでと同じCamperですが、文字盤に鮮やかなサバイバルイエローを採用。

雰囲気が一気に変わりました。

第1弾とは違い、フォーマルには使いにくいカラーではありますが、カーキなどのミリタリーなトップスと非常に相性が良いカラーです。

また、夏場にはTシャツ姿でも腕元で爽やかな存在感を見せてくれそう。

前回同様、付属品も充実。

ストラップは牛革とコットンヴェンタイルの2本セットなので、シーンに合わせてイメチェン可能。

そして同じ専用のケースが付属しています。

価格は29,000円(+税)。

お値段もこなれているため、爆売れする理由も分かりますね…。

第1弾、第2弾を購入している方の中には、このカラーも揃える人も少なくないことでしょう。

【まとめ】

私も敬愛しています、ナイジェルケーボンのクリエイティビティ。

今作は、あくまでも“ミリタリー”のベースを崩さず、その世界観の中でギリギリまでハズしたところにナイジェルケーボンの持つ余裕が感じられます。

周りが皆、腕時計をつけない今の時代だからこそ、

さらっとこのサバイバルイエローの時計を身につけてファッションを楽しみ、またその時計のヒストリーや背景を楽しむことが出来る、

そんな余裕ある大人に、私はなりたい。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。