た…タマタマなのです(汗)【Tiger Mint Case】by O.G.BROS

vintage mint case
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

昨日、こんな記事を書きました。

小川さん

この冬。一人の男が作り出す「革ジャン」から目が離せない。(O.G.BROS 小川氏)

2018-07-29

O.G.BROS 小川さんが作る、オリジナルの革ジャンの記事。

個人的に、非常に気になる革ジャン。小川さんの革ジャンのセレクトはいつもカッコよく、それ故にこの「オリジナル」には期待が高まるばかり。

早く、全貌が見たいという私の気持ちをパチパチとMacに打ち込み、いつものように「公開」ボタンを押し、投稿完了。

「さ、今日も日課のブログを書き終わったぞ♪」

という、毎日繰り返される“ささやかな達成感”の余韻に浸りながら、インスタのフィードを覗いてみると…

あ、小川さん、更新していらっしゃる。

あれ??

試作品が完成。 . オガワ自身が「虎」を手彫りしたフリスクケース。ベースの虎もオガワの手書き。それをケースに写し、ルーターで彫る。完全ハンドメイドなので、ふたつとして同じモノは存在しない。「Tiger Mint Case」と名付けよう。 . ベースのケースはベトナムジッポに魅せられたバンコクの友人が作り上げた逸品。ベトナムジッポと同様、真鍮にクロームメッキを施しているため、使い込むとメッキが剥げて真鍮が現れる。 . 写真の片方のケースは、オガワが手作業でエイジング加工を施した。ヤスリの粗さや削り具合、エアラインの入れ具合など、色々試してようやく自然な雰囲気になった。 . 「Tiger Mint Case」は「O.G.BROS.」オフィシャルWEBが完成次第、販売させて頂こうと思っている。個数は……オガワの気力体力次第。かたじけない。 . バンコクの友人は、アメカジを愛するあまり「アイイロデニムワークス」という個人ブランドを立ち上げたツワモノだ。すでにオリジナルジーンズをリリースし、今は半袖のデニムシャツを仕込んでいるらしい。ぜひ彼のインスタ、ブログも覗いて頂きたい。 . #ogbros #オージーブロス #frisk #フリスク #friskcase #フリスクケース #tiger #虎 #手彫り #handmade #手作り #madeinjapan #日本製 #brass #真鍮 #aging #経年変化 #一点モノ #限定生産 #japan #日本 #fujiyama #富士山 #sukajan #スカジャン #aiirodenimworks #アイイロデニムワークス @aiiro_denim_works

Hiroyuki Ogawa O.G.BROS.さん(@hi.ogawa)がシェアした投稿 –

ちょwww

当の小川さんが、全く同じタイミングで、アイイロデニムワークスの関連事項をインスタでアップされたという・・・

 

これを見て、「嬉しい」の前に、「恥ずかしい&小川さんも恥ずかしかっただろうなぁ」という気持ちの方が強くて。

本当に、たまたまなんです!!!

申し合わせて、お互いが書き合ったみたいになってるんですけど…そういう出来レースみたいなこと、小川さんも私もカッコ悪くて出来ませんから…(そうだったとしても、同じ日・同じ時間にポストするアホはおらん。)

 

昨年、オリジナルジーンズのCherokeeを作った際に、Daytona Brosで取材いただきました。

meeting_with_daytona_bros

『デイトナブロス(Daytona Bros)』にインタビューして頂きました。

2017-11-16

その時、Vintage Mint Case(フリスクケース)の試作品をお見せしたら気に入っていただけまして。

そのVintage Mint Caseを本生産した際に、未刻印のプレーンタイプをいくつか小川さんにご提供させて頂いた経緯がございます。

 

その結果、ここまで素晴らしい作品を作られるとは…私、欲しい(爆)

名前は【Tiger Mint Case】とのこと。

このタイガーのイラストは小川氏の作品とのことですが、カッコよすぎますよね。一体才能をいくつ持っているのでしょうか?

この縦長の構図ってデザイン的に難しいのです。それを、ベトナムZIPPOらしいエッセンスを踏襲しつつ、和柄を入れていくこのセンスよ

それだけでなく、リューターでこのイラストをここまで削るのは、相当な技術が必要です。

簡単そうに思えるでしょう??

私もやって見たことがあるのですが、このVintage Mint Caseの様に厚みが薄い金属をリューターで削ろうとすると、回転の振動が金属全体に伝わってしまい、ボディが暴れるため、綺麗に彫刻するのが非常に難しいのです。

さらに、ヴィンテージ加工まで極めてしまって…。

 

やっぱりこの人、ヤバイ人(笑)

この素晴らしい作品を見て、私も大変勉強させていただきました。私、この手の彫刻を練習してみようと思います。

それに、オリジナル革ジャンの期待値も、さらに爆上げ中。

 

にしても、こんなこと、ありますかね。

同じタイミングで、お互い書いちゃう恥ずかしさ。

 

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
vintage mint case

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。