【Vintage Mint Case】のボトムスタンプを製作。

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiirodenimworks-cherokee-crk018

私が大好きな、「経年変化の美しい」ベトナムZIPPOをモチーフにし、

鋭意制作中の真鍮製フリスクケース=【Vintage Mint Case】↓↓

【VINTAGE MINT CASE】は経年変化するベトナムZIPPO風フリスクケース

現在、このディテールを詰めています。

VINTAGE MINT CASEのボトムスタンプ

Vintage Mint Case

さて、ZIPPOをお持ちの方はみなさんご存知、

ZIPPOの底部には、ZIPPOのブランド名が刻印された、通称「ボトムスタンプ」があります。

ZIPPO BUTTOM STAMP

このボトムスタンプは、ブランドのアイデンティティーを果たすだけでなく、

そのZIPPOの製造年が判別出来るようになっているもので、年代ごとに特徴があって、コレクター魂をくすぐるディテールになっています。

実際のベトナム戦争当時の年代には筆記体のZIPPOロゴが使われているのですが、

ZIPPO BUTTOM STAMP

私は1950年代より以前の、

浅く薄い彫りで、無機質なフォントのみで彫刻されたボトムスタンプが好み。

ZIPPO BUTTOM STAMP

こっちの方が、使い込むことで彫りが削れて薄くなって、また味が出るのです。

経年変化の楽しみが一つ増えれば、毎日の幸せが一つ増える。

ということで、制作中のVintage Mint Caseの底部に、ボトムスタンプを入れることにしました。

Vintage Mint Caseのボトムスタンプ

この部分に入れる刻印を、無機質な雰囲気を持たせてデザインして見たのが、こちら。

Vintage Mint Caseのボトムスタンプ

左側にはAiiRO DENIM WORKSのロゴ。

右側にはミントケースをイメージしたスタンプ。

面積の小さい箇所なので、文字の並びも無視し、デザインの収まりだけを考えて制作。

今回、限定個数生産するファーストロット向けに、この刻印をボトムスタンプとして施します。

 

このVintage Mint Case、完成するのにあと1ヶ月くらいかかるかと思いますが、

9月にリリース予定のオリジナルジーンズのCherokeeを初回予約いただいた方には、

非売品の限定バージョンを別途製作し、プレゼントしようと考えています。

続報、お待ちいただければ幸いです。

 

ともあれ、

本業の方が慢性的に忙しくなっており、こっちの準備が滞りがち。。。

ちゃんと9月にリリース、間に合うでしょうか。。。

個人=一人だから、フットワーク軽く出来ることって沢山あるけど、

一人だから、私が止まれば、全てが止まる〜。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterとInstagramもフォローくださいね。

Instagram

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。