月刊アイイロ 2020年4月号『出来ることを、ひとつずつ。』

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

実に、1ヶ月以上ぶりのBlogになります。

さて。

この2月〜3月にかけての間、色々ありましたよね、世間的に。

私の方も、体調的にはいたって元気ではありますが、

一言で言えば、この1ヶ月は「いろいろあって…大変だった」と申しておきましょう…。

まずは確定申告。

あぁ、しんどかった。

そして、例のウイルスの影響です。

多くの方が今、渦中にあるように、

私も本業においても色々とバタつくことが多々あり、仕事だけでなく、家族を安心させるためにもそちらに集中するために気力と時間を割かざるを得ず。

オリジナルアイテムの販売・出荷は今でも日々継続しているのですが、時間がかかる日々のブログの執筆はしばらく止めざるを得ませんでした。

「そうすることが、今、家族の生活を守るために必要だ。」

…と、私は思っていたのですが。

人間、「好きなこと」を取り上げられると、精神的にまいってくる。

暗い話題が多いから、尚更。

心が全く晴れず、そのせいか新しいアイデアや、挑戦する心すら失いつつある。

こんな気持ちで本当に家族を守れるのか?

なにかが、違う。

なぜだろう…

今日も子供のお弁当箱をゴシゴシ洗いながら、自分自身に問いかけをしてふと、気づくのです。

あぁ、私が人生を懸けるほど大好きなことを、無理して断っているからだ、と。

このブログの運営のこともそうですが

大好きなアメカジを中心としたファッション・カルチャーに接すること。

そのプロダクトの持つ魅力を発見し研究すること。

それらを一時的とは言え断ってしまったことで、

楽しむこと・喜ぶこと・驚くこと・学ぶことを忘れ、

何やら人間らしからぬ存在に落ちかけていたようです。

 

本業の仕事は仕事として、それは頑張る、当然。

しかし、こんなご時世だからこそ「自分の趣味・好きなことを楽しむ」心を忘れてはいけません。

そうしないと、私みたいに心がどこかに落っこちていくよ・・・。

 

皆さんの中にも、週末に外出できず、ストレスが溜まっている方も多いかもしれません。

中には平日でもテレワーク=自宅勤務となっている方もいらっしゃるかも?

 

今、ここは一つ、「敢えて今まで以上に”好きなことを楽しむ”」ことに、私と一緒にチャレンジしてみませんか?

どんな趣味であっても今の時代、家の中で何か出来ることはあるはず。

人それぞれ、置かれた環境が違うでしょうから、それぞれ出来る範囲で、少しずつでも良いのです。

大切なのは、「楽しむ心を忘れない」ことなのですから。

 

私もこのブログを少しずつ再開させることで、皆さんがアメカジを楽しむお手伝いができれば、と思っていますし、

記事の中で、家でも出来る趣味なども積極的に発信してみたいな、と思います。

 

私も今、出来ることを、ひとつずつ。

 

それでは、定例の月刊アイイロ、スタートです。

アイイロデニムワークスの1ヶ月

Indy
この1ヶ月間のアイイロデニムワークスの活動を振り返ってみたいと思います。

最高のオリジナルの一着を作る

昨年から企画に着手し、テストサンプルを作って細部のディテールの調整を行っている、オリジナルのカバーオール(発売予定・発売日は未定)。

この一着。

1940年代のストア系カバーオールの大戦モデルをベースに、ディテールを積み上げています。

詳細はまた追々お伝えできればと思いますが、使用しているデニム生地が非常に素晴らしく、発売すれば良く売れると思います。

しかし、ぶっちゃけて言うと…

この一着は、私が「本当に欲しいジャケット」を世にリリースするための、その布石で企画しているものでして。

では、私の本命のジャケットとは??

上と同じパターン、同じディテールで、色違い(生地違い)のこちら。

硫化染めのヘリンボーン生地を使った、カバーオールです。

ミリタリーアイテムとカバーオールを同時に研究しながら、構想を練っていたもの。

しかも、このヘリンボーン生地は硫化染(別名サルファー染めとか呼ばれる)なので、美しい経年変化をします。

最高です。

何か元にあるプロダクトのレプリカではなく、私が好きなプロダクトの魅力をエディットして企画したオリジナルアイテムになりますから、

マス向けのデニム版のカバーオールより売れないと思います(爆)

そこで、同型のデニム版も出して、工場の生産ロットを増やしつつ製造コストを下げることでお手頃価格でリリースできるようにしようと考えた訳です。

先々、このプロダクトに関しても開発の過程でディテールをお見せしていきます。

共感していただける方が少しでもいらっしゃれば嬉しいですね。

こちらのサンプル制作のご協力も、神奈川のBLUE ROUTEさん

シルエットに関してもかなり追い込んでいただきました。

今、サンプル着用を続けていますが、頭に描いていた通りの秀作になりそうで、安心しました。

まもなくリリース!オリジナルの半袖デニムシャツ“Billy”

いつから企画を初めていたか、もはや忘れてしまうくらい、長らく研究・開発を続けてきた、オリジナルのサードウェーブなデニム半袖シャツの『Billy』。

間も無く、リリース開始です。

本当は3月に納品予定だったのですが、昨今の事情により納期がずれていました。

ようやく、今月に入荷できるか、と。

ディテールに関しては、こちらをご参照ください。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

オリジナルの半袖デニムシャツの制作過程【ディテール考察11 バックスタイルにこだわる】

2019-06-08

企画立ち上げから、実に足掛け4年ほどかけた作品です。

良いプロダクトを作るために時間をかければ良い、という問題ではありませんが、

一着のためにここまで時間をかけることは通常のアパレルブランドには出来ないことであり、私のように趣味で運営しているからこその強みだったりします。

とにかく、自信作です。

販売はオンラインストアにて。

リリース出来た暁には、またブログでお伝えします。

お待たせしました!10oz denim shirt が再入荷

昨年11月に販売し、2日間ほどで完売した10oz denim shirtが、ようやく再入荷してまいります。

工場の繁忙期を避けて生産していただくので、なかなか時期が読めず申し訳ないです。

これまで大変多くの方のお問い合わせを頂いておりまして恐縮ですが、今しばらくお待ちください。

この10oz denim shirtのディテールはこちらをご参照ください。

【10oz denim shirt】12,500円(+TAX)でリリース開始。

2019-11-19

こちらも販売はオンラインストアにて。

パーソナルなこと

Indy
ここでは、私インディの個人的な雑談を書き連ねます。

娘の行事

今年は娘が幼稚園を卒園し、間も無く小学校へ入学というタイミング。

ただ、予定されていた諸々の行事がこのご時世で飛んでしまい、

どうにも「娘よ、成長したな」と実感出来る、お涙頂戴な感覚の無い今日この頃。

しれっと小学生になってしまいそうです。

ま、本人はランドセルを背負えることがとても嬉しいようで、その姿はとても微笑ましくあります。

これからの予定

ブログは引き続き不定期更新になるかと思いますが、

私が発信したい内容や面白ネタ、出していきますので、引き続きよろしくお願いします。

 

社会の雰囲気が暗くなりがちな今だからこそ、

率先して好きなことを、好きなように楽しみましょう。

そうすれば、色々なチャンスも見えてくるはず。

 

「今、できることを、一つずつ。」

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

    • >サワモトさん
      ご心配をおかけしました。 「アメカジ不足」「禁アメカジ」状態だったので、禁断症状が出てきました。やっぱり、アメカジは楽しいです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。