最後のLGC限定モデル【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】レビュー

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今月、滋賀県で開催された“最後”の【LGC=Local Garage Culture(ローカルガレージカルチャー)】

今年も伝説の一日となるか!?ローカルガレージカルチャー2019(Local Garage Culture) 2019年11月3日@滋賀県

2019-08-22

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのCSF・ONE PIECE OF ROCKを要するショップ「Forty Niners」が主宰で、地元の商店街をジャックする形で開催されるイベント。

濃密なイベントの内容もさることながら、同イベントがアメカジファンの熱い視線を浴びる理由の一つが「限定アイテム」の存在です。

昨年2018年のLGCでもリリースされた、伝説のモデル「ウエアハウス×CSF S409XXX M-47」の衝撃は凄いものがありました。

LGC2018限定【ウエアハウス x CSF S409XXX M-47】をレビュー!(ローカルガレージカルチャー)

2019-10-31

私自身、今まで手にした数々のジーンズの中で、この一本は別格の存在です。

この一本を超えるモノづくりが出来るのは、彼ら自身(ウエアハウス×CSF)しかいないでしょう。

 

そして、2019年。

まさか、こんなに早く見れるとは。

彼らが、彼ら自身を超えていく瞬間を。

今年で最後の開催と宣言されたLGCの、有終の美を飾るべく、再び両社がタッグを組んで生み出した正真正銘「最後の伝説」、【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】が超限定数でリリースされたのです。

 

私は断言したい。

これこそ、ジャパンデニム40年の歴史の、Top of the TOP。

 

今回、ブログ読者のイダさんから、このモデルをレビュー用にお貸し頂ける機会をいただきましたので、今日のブログではこの一本を徹底的にレビューしていきたいと思います。感謝!!

やはり、これがTopだと思う。

ウエアハウス×CSF S409XXX M-46

概要

最後のLGCで用意された数ある限定モデルの一つであり、イベントの目玉でもあるのが今回ご紹介する【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】です。

この【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】にもいくつか仕様違いのバリエーションがあるのですが、

どれも共通しているのは、ウエアハウスが完成させたレプリカ系デニム生地の完成形である「バナーデニム」「大戦デニム」を使い、

そのウエアハウスの副資材(赤タブやボタンなど)を使いながら、CSF(CONNERS SEWING FACTORY)の総帥・小中氏がヴィンテージミシンとヴィンテージ縫製技術を駆使して作られた作品になります。

このコラボレーションがどれだけ凄いことなのか??

ここに、私の想いを書かせていただきましたので、よろしければ是非。↓

Warehouse x CSF collaboration Made by CSF

語り継がれる伝説を目撃せよ。ジャパンデニム30年の歴史で辿り着いた頂点のジーンズ&ジャケット。【ウエアハウス×CONNERS SEWING FACTORY】

2018-04-20

2018年版【ウエアハウス×CSF S409XXX】との違い

この限定モデルですが、昨年のM-47とは、遠目にパッとみても違いがわからないかもしれません。違いはどこか?

昨年の限定品番はM-47、つまり1947年モデルであり、現代のジーンズの完成形と呼ばれるモデルを表現したモデル。

今年の2019年の【ウエアハウス×CSF S409XXX】は、M-46と言うことで、リーバイス社の1946年モデル=過渡期モデルと呼ばれる時代のものを表現した一本になります。

この46年モデルは、世界大戦終結後という混乱した時代背景の中で、1945年の大戦モデルと1947年の完成形のモデルの要素が混じり合ったディテールを持ち合わせたものなのですが、

ただ様々な仕様をごちゃ混ぜにすれば良い、というものではなく。

混乱した時代が変革を迎える中で、リーバイスの縫製仕様と技術の変化の流れにも一定のルールがあり、

その点と点を線につなげて理解した上で、見た目だけでなく空気感まで表現出来るのは、世界の中でも小中氏だけでしょう。

また、小中氏はこの1年間でおそらく1,000着以上は縫製しているはずで、単純に2018年の時よりも技術に磨きがかかっている、つまり完成度が更に高い一本になっていると言えるでしょう。

もう一つ、私が知る限り、2018年のM-47と比べると今年のM-46の方が本数が圧倒的に少ないようです。

つまり、希少価値の面でも昨年以上。

手に入れられた方、おめでとうございます。

シルエット

本作のシルエットは、1946ということで限りなく1947に近い普遍的ストレート。

このジーンズの、いわゆる顔とも言える後身頃。 情報量が多すぎる・・・

前身頃は一見、シンプルな一着に見えます。

しかし、この中に、様々なアーティスト的な表現が隠されています。

ディテール

ディテールを見ていきましょう。

まず、ご飯何杯も食べれる、このバックポケットパート。

フラッシャーはONE PIECE OF ROCKのもの。

革パッチはウエアハウ・・・あれ? ONE PIECE OF ROCKのものが使用されています。

これ、基本仕様は、ウエアハウスとのダブルネームデザイン版ではなかったかな?。 イレギュラーで入れ替えされているギミックでしょうか?

※11/26 追記※

小中氏に直接確認させていただいたところ、このパッチ違いはごく少数のみ混ぜたレア仕様だそうです。世に出てるの、10着なさそう。

なお、品番・サイズ表記はグリーンスタンプ。

そして、このコラボレーションの価値を構成する最も重要なパートの一つ、ウエアハウス製造のデニム生地。

今作【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】では、1946年の過渡期の仕様ということで、1本の中に2種類のウエアハウスのデニム生地が使われています。

基本的には、ウエアハウスの大戦デニム(1003XXの生地かな?)を使用されているのですが、この雰囲気が抜群です。

そして、部分部分で、1947の生地(バナーデニム)が使用されています。

どこが47生地か、分かるかな??

というか、

ウエアハウスの商品の中にも、バナーデニムと1003の大戦デニムのミックスって今までなかったはず。

それを考えると、このモデルの希少性が更に際立ってきます。

赤タブ(ピスネーム)は退色ピスを採用。

いわゆる片面タブです。

バックポケットの飾りステッチは深めのウエアハウス・アーキュエイトが表現されています。

このステッチも全て、CSF小中氏によるアートです。

何気なく内側を見てみると…

ポケット口の返し縫いにも特徴が…マニアックすぎる!

切りっぱなしの生地が飛び出た帯。

バックポケットは隠しリベット&カンヌキ仕様。

フロントボタンはウエアハウス製とCSF製のMIX。

1946年の前期は大戦期の名残りでドーナツボタンと刻印ボタンがミックスされたケースが発見されているので、それを両社のボタンで表現された仕様になります。

トップはウエアハウスの鉄ボタン。

そして小ボタンはウエアハウス製と…

YORK HOUSE(CSF)製のボタンが(多分ランダム)MIXで装着。

リベットも無刻印版と…

刻印(YORK HOUSE=CSF製)がミックス。

トップボタン裏を何気なく撮ったこの一枚の写真。 私、一番好きな写真。この1枚中に色々な情報が詰まっています。

もはや、デッドストックと同じ空気感。

見かけのディテールだけでなく、縫製に関して知り尽くした小中氏だからこそ、出せる雰囲気です。

ボタン裏はすでに錆。

前立て部分は切りっぱなし仕様になっていて、生地端のほつれが見えています。

深い角度がついたフロントのVステッチ。

コインポケット裏は耳使い。

長めに取られたクインチがちょっと新鮮。

46モデルではこのクインチが左右で違う番手の糸、長さのものがあるのですが、この個体は左右一緒。

小股の縫製。

ベルトループ幅は平均。 中盛り具合はむしろ薄い方。

このベルトループも2種類の生地が混ざっているようですが、今回お借りした個体では、どれが1947生地のループか判別できず。

ウエアハウスの大戦生地の耳。

とにかく濃く、ウネウネゴワゴワ。

生地の手触り、濃さ、ネップ感、どれも素晴らしい。

この生地自体も、ウエアハウス25年の積み重ねが生み出した「作品」。

裏から見たら、そのゴワ感が伝わるかと思います。

バックヨーク部分は1947生地が使われています。

裏から見ると、生地感や色味、ネップ感が違うのが良くわかりますよね。

47生地は、大戦生地と比べると「安定感がある生地」。

ウエアハウスのバナーデニム。ウエアハウスの英知の結晶。

ちなみに、バックポケット生地もバナーデニムです。

ポケットの方が青味が強く、身頃の大戦デニムは黒味が強い色合いなのが分かるでしょうか。

ちなみに、このポケットの中側の生地も多分47。

色味、手触りが違います。

穿きこんでいくことで、様々な箇所で違う経年変化を見せていく楽しみがありますね。

まぁ、この作品を手に入れた方は・・・実際に穿く人より、コレクションとして保管される方の方が多いと思いますけど。

【まとめ】間違いなく、至高の一着。

という訳で、超限定!のリミテッド【ウエアハウス×CSF S409XXX M-46】レビューでした。

残念ながら、この作品のディテールを言葉にすればするほど、安っぽく、陳腐になってしまいます。私のボキャブラリーと表現力の少なさを嘆く…。

しかし、本物に、言葉は要らぬ。

この作品の良さは、実物を手にして初めて理解できるものかな、と感じますね。

このモデルは今のジャパンデニムの頂点であり、

最後の伝説のコラボレーションということで一つの区切りの一本であり、

ジーンズの新しい可能性を魅せてくれた一本。

ジャパンデニム界の、宝と言って差し支えのない作品でした。

これを超えられるのも、やはり彼らだけなのかも知れません。

今回、貴重な機会をいただいたイダさん、本当にありがとうございました!

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。