UNION GARMENT の新作 Lot100 All over

スポンサードリンク

出ました。

UNION GARMENTから新作のジーンズ、

LOT100 All over.

 

購入した際に写真撮っておいたので、

簡単にレビューしてみようかと。

th_DSC05289

 

個人的に、長らく待ちました。
Unionのブログでの構想発表から、どれくらい?

1年は経ったと思います。

Union Garmentさんは非常にこだわりの強いモノづくりをするので、

履きこみ+サンプルを何度も作り直したそうですよ。

 

ワークパンツと5ポケットパンツの融合を目指す、

というコンセプトで企画されています。

 

細部にオリジナルの要素が詰まっていて、所有欲満たします。

th_DSC05297

 

自然なテーパード、深い股上。

 

th_DSC05298

 

この後ろ身頃が特徴的。

バックポケット、やや大きめ。

無骨なシルエット。

 

th_DSC05299

 

洗うと縮む「シュリンクタイプ」のヤンピーのパッチ。

シンプルね。

 

th_DSC05306

フロントボタンは月桂樹。

V字の縫い。

 

th_DSC05300
LEEっぽい、ピスネームはポケット部分に。

 

th_DSC05304

ネームタグ。

 

th_DSC05307

 

インシームの縫製。巻き縫いです。

こういうところがワークっぽい。

 

th_DSC05301

 

私は尾錠付きデニムはもう買わない、と決めてたのですが

これは別。

 

th_DSC05302

この尾錠とストラップ部分の形状が素敵なので。

 

th_DSC05305

ブロンズのリベットはノーマーク。

 

履いていて思うこと。

何よりこの生地の良さ。

ジンバブエコットン使用、糸からUnionさんのオリジナル。

 

th_DSC05310

ピンク耳。

コンピューター制御ではない自然なムラ糸を紡績とのこと。

 

th_DSC05319

この毛羽立ち。

 

th_DSC05314

 

裏から見るとよく分かる、このザラ感。

13.5 ozとのことですが、

履いている感覚的には14 ozくらい?

 

サラッ、カラッとした履き心地。

かなりいいですよ。

レプ系ジーンズにこだわりある人は、この生地の良さ、わかると思います。

 

今はこれを毎日履いてますが、

シルエットが太く、股上も深いけど、

程よいテーパードで綺麗に見えるので、

あんまりトップスは選びません。

 

バックスタイルが特徴的なので、

シンプルなトップスで十分。

 

この夏場は無地のポケT1枚で着るくらいが

調子良かったです。

 

履き込んだらまたここでレポートしたいと思います。

色落ちして、ジーンズは完成ですからね。

 

Union さんは毎回、アイテムは少量生産のようです。

このモデル、今は予約販売のみっぽいです。

 

また、別のオリジネルの企画も進行しているようで

それぞれ気になる方は、Union Garmentのブログを

参照にしてみてください。

 

Union Garment ブログ

 

今日もご訪問、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。