ヘビロテしているナイジェル・ケーボンの「ユーティリティ・ジャケット」

ナイジェルケーボン ユーティリティジャケット
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

二着買いしなかったことを後悔するほど、ヘビロテしてる一品。

それが、ナイジェルケーボンの「ユーティリティ・ジャケット」

秋口のジャケットに、またシャツ代りに、大活躍を続ける一品です。

一目惚れしたわけではないのですが、着て見たらズバッとハマった。

シンプルすぎないが、遊びすぎてない、「これさえ着てればコーディネートなんとかなる」という安定感。

7.5ozのデニム。「ジャケット」と呼ぶには実にライトなデニム生地を使用してますが、着てみると羽織りものとして軽すぎず、インナーにしても重すぎず、まるで魔法のようなバランスを持っています。

この「ユーティリティジャケット」は生地変えして、数シーズンつづきました。 (夏シーズンには半袖もラインナップされてました)。

今シーズンに入ってからラインナップされてません。復活を望みます。

デザインとして特徴的な切り替え部分。上はデニム、下はシャンブレーの、テイストの違う洋服の組み合わせになっています。

なんと、一度2種類のシャツを作ってから、わざわざ解体して繋ぎ合わせるという、とんでもない製法で作られている一品。

いや、いいよ、、、誰も見てないから、普通に作ってくれて・・・。

上部のデニムパートはワーク色の強いディテール。

美しいステッチワーク。

ボタンはアルミボタン。いい味を出してます。

こちらは下部のシャンブレーパート。

いわゆる、カジュアルシャツのテイストになっており、ボタンも上部のデニムパートとは変わっています。

こういう切り替えシャツって、他のブランドでも見かけますけど、子供っぽく見えちゃったり、逆に「おしゃれじゃない感」が出てしまうことも多く、難しいアイテム。

ナイジェルが切り替えシャツを作ると、ここまで違う。

彼のセンスをまじまじと見せつけられる、良品だと思います。幸せ。

ナイジェルケーボン ユーティリティジャケット

そんなナイジェルさんも、プライベートで気に入って着用しているんだとか。

本当に、ナイジェルケーボンって、良いブランド。

作りが丁寧なのはもちろんなのですが、コレクションにワクワクがあるんですよね、毎シーズン。

先日紹介したレッドウイングとのコラボモデルもそうですが。

ナイジェル・ケーボン×レッドウイング が来た!しかも茶芯(クローンダイク)!

アメカジ業界に多い「予定調和な商品展開」とは一線を画すブランド。

ただ奇をてらった商品ではなく、しっかりした知識とノウハウに基づいた商品作りをしていることに好感が持てるのです。

毎シーズン、カタログも凄いです・・・

ナイジェル・ケーボンの秋冬カタログ=約200ページ。もはやムック本な件(Nigel Cabourn)

 

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ナイジェルケーボン ユーティリティジャケット

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。