ブチ切れた話(レザーブレスが。)【Goro’s(ゴローズ)レザーブレス】

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

気がつけば20年…

人生の半分以上の間、風呂に入るときも、寝るときも腕に装着し続けたレザーブレスレットがありました。

それが、ゴローズのレザーブレスです。

imgrc0065128859

購入時、暖かいお湯につけながら、ぐいぐい無理やり腕にはめ込むとあら不思議、乾くと少し縮んで腕にフィットし、ハサミやらで切らないと取れないレザーブレスです。

エリック・クラプトンの右手の、こんな感じになります↓

clapton_leica

10年間つけた段階で、お別れする機会=外す機会を完全に逸して、いつまでこれつける?って悩ましかったのですが。

20年は超えたであろう先日、プツリと切れました。

「長い間、ご苦労様でした。」

まぁそれはいいのですが、今度は切れて使いものにならなくなったこのレザーブレスが捨てられない。

20年間も苦楽を共にしたわけですから、もう体の一部だったようで、脳がゴミ箱にポイするのを拒否しちゃう。

そこで、私が大好きなラッキージョンの藤沢店に行き、切れたレザーブレスを使って「新しいブレス」をオーダーさせていただいたのです。

ラッキージョンさんは、既製品のセンスもクオリティも素晴らしいものを出されてますが、こういうオーダーを快く受けていただける、お店と顧客の距離がめっちゃ近いブランドさんです。

店頭であーでもない、こーでもないと打ち合わせをさせて頂きながら、1ヶ月ほどでこんな風に仕上がりました。

生まれ変わったゴローズのレザーブレスレット @ラッキージョン

th_img_0292 th_img_0293 th_img_0295

妻の誕生石であるターコイズを使ってもらって、シルバーとのコンビネーションで製作してもらいました。腕からいつでも取り外しが可能な仕様。

このブレスが思いのほか使いやすくって。太過ぎず、地味過ぎず、主張し過ぎず。気がつけばしょっちゅう腕に付けてます。

こうして、学生の時に寒い中並んで原宿ゴローズで買ったレザーブレスが、形を変えて今もまた活躍することになりました。

レザーブレスが切れちゃった方、捨てる前にこんなカスタムアイデア、どうですか?

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。